FROM 句

データ抽出元のビューは FROM 句を使用して指定します。FROM 句には、データの抽出元のリレーションの名前を記述します。ここではリレーションの別名を指定できます。別名は SELECT ステートメントの他の句で使用でき、これによって結合条件の作成が容易になります。 FROM 句でリレーションに別名を指定した場合、そのリレーションの名前を、 SELECT ステートメントの残りの部分で、同じフィールドの接頭辞として使用しないようにします。この場合は、指定した別名を必ず使用します。

FROM 句のサブクエリを使用できます。サブクエリは括弧で囲む必要があります。

以下のステートメントでは、 internet_inc ビューと phone_inc ビューの間で UNION 操作を実行するサブクエリが使用されています。

SELECT *
FROM (
  SELECT *
  FROM internet_inc

  UNION

  SELECT *
  FROM phone_inc
)
WHERE taxid = 'B78596011'

複数のリレーションを FROM 句に記述し、そのリレーションを JOIN 句から分離していない場合は外積が実行されます。次のサブセクションでは、使用可能なさまざまな結合操作について説明します。

FROM 句には、Denodo のストアドプロシージャの呼び出しを記述することもできます。この場合、プロシージャの呼び出しによって返される結果は、ビューのタプルのように処理されます。詳細については、「 ストアドプロシージャ 」を参照してください。

注釈

Virtual DataPort では、 FROM 句を使用せずに SELECT ステートメントを実行できます。たとえば、SELECT 2+2 とします。