SELECT 句

SELECT 句では、 FROM 句で指定したリレーションから取得する属性を指定します。

SELECT 句で 文字 * を指定している場合、クエリ対象のビューにあるすべての属性が投影されます。この場合、結果での列の順序は、ビューの作成に使用する CREATE VIEW ステートメントまたは CREATE TABLE ステートメントに記述した各列の順序になります。

取得した列に別名を定義することもできます。これにより、どの属性の名前も変更できます。

派生属性の場合 (「 派生属性 」を参照)、別名を指定しないと、Virtual DataPort によって新しい属性の名前が自動的に生成されます。

クエリとビューでは、2 つのフィールドに同じ名前を指定することはできません。したがって、(別名を使用して) 名前を変更する必要があります。

DISTINCT 修飾子を使用できます。その場合は、重複しているタプルがすべて結果から削除されます。

次のように、簡潔な boolean 式を投影できます。

field = 'value'

または

field_1 = field_2

派生属性

SELECT 句では派生属性を指定できます。これらの属性は、他の属性の関数、定数、および値を使用した式を評価することによって作成されます。

Virtual DataPort でサポートされている関数の説明については、「 条件と派生属性の関数 」を参照してください。また、各関数の詳しい使用例については、「 条件関数の構文 」を参照してください。

派生属性の関数を使用した例を以下にいくつか示します。以下のクエリでは、 emp ビューの salary 列の値に 1000 を加算した結果を収めた newSalary 列を取得します。

SELECT SUM(1000, salary) newSalary
FROM emp;

以下の例では、ネスト化した関数をパラメーターとして使用する方法を示しています。

SELECT NAME, SUM(SALARY, DIV(SALARY,1000)) salaries
FROM emp;