Resource Manager のルールの管理

ここでは、Resource Manager のルールを作成、変更、削除するコマンドの構文を説明します。

CREATE RESOURCE_MANAGER RULE ステートメントの構文
CREATE [ OR REPLACE ] RESOURCE_MANAGER RULE <name:identifier>
    [ DESCRIPTION = <description:literal> ]
    CONDITION <condition>
    RESOURCE_MANAGER PLAN <name:identifier>

<condition> ::= (「 関数の記述ルール 」を参照)

<identifier> ::= (「 VQL ステートメントを指定するための基本プリミティブ 」を参照)

ALTER RESOURCE_MANAGER RULE ステートメントの構文
ALTER RESOURCE_MANAGER RULE <name:identifier>
    [ RENAME <new_name:identifier> ]
    [ DESCRIPTION = <description:literal> ]
    [ CONDITION <condition> ]
    [ RESOURCE_MANAGER PLAN <name:identifier> ]

既存のルールを一覧表示するには、 LIST RESOURCE_MANAGER RULES を実行します。

プランを削除するには、 DROP RESOURCE_MANAGER RULE を実行します。

DROP RESOURCE_MANAGER RULE ステートメントの構文
DROP RESOURCE_MANAGER RULE [ IF EXISTS ] <name:identifier>