ストアドプロシージャのインポート

CREATE PROCEDURE ステートメントは、新しいストアドプロシージャを Virtual DataPort サーバーに追加します。

CREATE PROCEDURE ステートメントの構文
CREATE [OR REPLACE] PROCEDURE <name:identifier>
    CLASSNAME <className:literal>
    [ CLASSPATH <classPath:literal> ]
    [ JARS <jar name:literal> [, <jar name:literal>]* ]
    [ FOLDER = <literal> ]
    [ DESCRIPTION = <literal> ]

CLASSNAME: ストアドプロシージャを実装する Java クラスの名前。このクラスは Virtual DataPort サーバーにロードされる必要があります (管理ガイドの「 拡張機能のインポート 」のセクションを参照)。

CLASSPATH: プロシージャの Java クラスが含まれている jar ファイルのパスのリスト。このパラメーターを使用することはできますが、jar ファイルを Virtual DataPort サーバーにインポートしてから、それらを JARS 句から参照することをお勧めします。そうすると、特定の場所に存在する jars に依存することがなくなります。

JARS: Virtual DataPort サーバーにアップロードされ、このプロシージャが依存する jar ファイルのリスト。

OR REPLACE 修飾子を使用すると、指定された名前のプロシージャが存在する場合、それを新しいプロシージャに置き換える必要があります。これにより、プロシージャを使用する派生ビューのスキーマとクエリ機能が再計算されます。

作成されたストアドプロシージャは、 ALTER PROCEDURE ステートメントを使用して変更できます。

ALTER PROCEDURE ステートメントの構文
ALTER PROCEDURE <name:identifier>
    [ CLASSNAME <className:literal> ]
    [ CLASSPATH = <classPath:literal> [<classPath:literal> ]* ]
    [ JARS <jar name:literal> [, <jar name:literal>]* ]

CLASSNAME 句および CLASSPATH 句の意味は、 CREATE PROCEDURE ステートメントと同じです。