CACHE_CONTENT

説明

ストアドプロシージャ CACHE_CONTENT は、キャッシュされたコンテンツに関する情報を返します。

サーバーはデータがキャッシュされるクエリごとにクエリパターンを格納します。このパターンはその後、キャッシュに格納されたデータでクエリを「解決」できるかどうかを確認するために使用されます。

ストアドプロシージャ CACHE_CONTENT は、キャッシュに格納されたクエリパターンに関する情報を返します。クエリパターンの詳細については、管理ガイドの「 キャッシュモジュール 」のセクションを参照してください。

構文

CACHE_CONTENT(
      databaseName : text
    , viewName : text
)
  • databaseName: データベースの名前。 null の場合、このプロシージャは現在接続されているデータベースのクエリパターンに関する情報を返します。

  • viewName: 取得するフィールドが存在するビューの名前。 null の場合、このプロシージャは databaseName のすべてのクエリパターンに関する情報を返します。

このプロシージャは、以下のフィールドを返します。

  • querypatternid: クエリパターンの ID。

  • databasename: データベースの名前。

  • viewname: ビューの名前。

  • numconditions: 条件の数。キャッシュモードが「部分」のビューにのみ適用されます。キャッシュモードが「全体」の場合、これは常に 0 です。

  • conditions: クエリパターンの条件のリスト。キャッシュモードが「部分」のビューにのみ適用されます。

  • projectedfields: 投影されたフィールドのリスト。 null の場合、ビューのすべてのフィールドが投影されています。

  • expirationdate: キャッシュが「部分」のビューの場合、クエリパターンの有効期限日を示します。キャッシュが「全体」の場合、最新のキャッシュの日付を示します。

  • status: クエリパターンのステータス。この値は以下のとおりです。

    • valid: キャッシュモードが「部分」であり、キャッシュデータベース内のデータが有効であるビューのクエリパターン。

    • invalid: キャッシュモードが「部分」であり、キャッシュデータベース内のデータが無効であるビューのクエリパターン。

    • processing: キャッシュモードが「部分」であり、キャッシュエンジンが現在キャッシュデータベースにデータを挿入しているビューのクエリパターン。

    • preload: キャッシュモードが「全体」のビューのクエリパターン。

    • temporary: 一時テーブルのクエリパターン。

注意

このプロシージャは、キャッシュデータベース内のすべての有効なコンテンツに関する情報を返します。これには、キャッシュモードがオフに設定されているものの、データが引き続き有効なビューが含まれます。以前のキャッシュモードを再設定した場合、キャッシュエンジンはすでにキャッシュされているデータを返します。

必要な権限

最初のパラメーター (databaseName) が null の場合、ユーザーは管理者である必要があります。

最初のパラメーター (databaseName) が null ではない場合、ユーザーはそのデータベースの管理者またはローカル管理者である必要があります。