CATALOG_VIEWS

注釈

このストアドプロシージャは非推奨であり、Denodo Platform の今後のメジャーバージョンでは削除される可能性があります。このプロシージャの代わりに GET_VIEWS プロシージャを使用してください。「GET_VIEWS」は、接続しているデータベースだけではなく、任意のデータベースを検索して同じ情報を返すことができます。

説明

ストアドプロシージャ CATALOG_VIEWS は、接続している Virtual DataPort データベースの基本ビューおよび派生ビューのリストを返します。複数のパラメーター (ビュー名、ビュータイプなど) で結果をフィルターできます。

構文

CATALOG_VIEWS (
      name : text
    , usercreator : text
    , lastusermodifier : text
    , initcreatedate : date
    , endcreatedate : date
    , initlastmodificationdate : date
    , endlastmodificationdate : date
    , viewtype : { 0 | 1 | 2 | 3 }
    , swapactive : { 0 | 1 | 2 }
    , cachestatus : { 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 }
    , description : text
)
  • usercreator (オプション): エレメントの所有者。

  • パラメーターでフィルターしない場合は、 null を渡します。

  • nameusercreator 、および description でフィルターする場合、 contains 演算子を使用して比較が実行されます。たとえば、 usercreatoradm の場合、このプロシージャは文字列 adm が含まれている作成者のエレメントをすべて返します。

  • initcreatedate および endcreatedate 、または initlastmodificationdate および endlastmodificationdate の値を指定した場合、このプロシージャはこれら 2 つの期間に作成されたエレメントを返します。たとえば、 initcreatedate および endcreatedate の値を指定した場合、このプロシージャはこの 2 つの日付の間に作成されたエレメントを返します。

    initcreatedatenull の場合、このプロシージャは endcreatedate より前に作成されたすべてのエレメントを返します。

    endcreatedatenull の場合、このプロシージャは initcreatedate より後に作成されたすべてのエレメントを返します。

    initlastmodificationdate および endlastmodificationdate による検索も同様に機能します。

  • viewtype: null ではない場合、このプロシージャは特定のタイプのビューを返します。有効な値は以下のとおりです。

    • 0: 基本ビューのみを返します。

    • 1: 派生ビューのみを返します。

    • 2: インターフェイスビューのみを返します。

    • 3: マテリアライズドテーブルのみを返します。

  • swapactive: null ではない場合、このプロシージャは特定のスワップステータスのビューを返します。有効な値は、 0 (スワップステータスが Default に設定されているビュー)、 1 (スワップが On に設定されているビュー)、および 2 (スワップが Off に設定されているビュー) です。

  • cachestatus: null ではない場合、このプロシージャは特定のキャッシュモードのビューを返します。有効な値は、 0 (キャッシュモードが Off)、 1 (Partial Exact)、 2 (Partial)、 3 (Full)、 4 (Partial Exact Preload)、および 5 (Partial Preload) です。

必要な権限

このプロシージャは、ユーザーが Metadata 権限を持っているビューに関する情報のみを返します。その意味は以下のとおりです。

  • ユーザーが管理者またはデータベースの管理者である場合、このプロシージャはすべてのビューに関する情報を返します。

  • このプロシージャは、ユーザーが Metadata 権限を持っているすべてのビューに関する情報を返します。

SELECT *
FROM CATALOG_VIEWS()
WHERE viewtype = 1;

このプロシージャは、データベースのすべての派生ビューを返します。