GENERATE_SMART_STATS_FOR_FIELDS_BY_TABLENAME

説明

ストアドプロシージャ GENERATE_SMART_STATS_FOR_FIELDS_BY_TABLENAME は、 GENERATE_SMART_STATS_FOR_FIELDS と同様に動作します。ただし、 GENERATE_SMART_STATS_FOR_FIELDS_BY_TABLENAME では、基本ビューにリンクされていないデータベースのテーブル/ビューから基本ビューの統計を収集できます。このプロシージャを使用すると、データベース内の customer_final というテーブルに基づく基本ビューについても、 customer テーブルから統計を取得できます。

これは、このプロシージャと GENERATE_SMART_STATS_FOR_FIELDS との唯一の違いです。

構文

GENERATE_SMART_STATS_FOR_FIELDS_BY_TABLENAME (
      mode : text
    , view_name : text
    , fields : array
    , table_stats : boolean
    , source_table_name : text
    , source_schema_name : text
    , source_catalog_name : text
)
  • source_table_name: 統計の収集先テーブルの名前。

  • source_schema_name: 統計の収集先テーブルのスキーマ。データベースにスキーマがない場合、 null を入力します。

  • source_catalog_name: 統計の収集先テーブルのカタログ。データベースにカタログがない場合、 null を入力します。