GET_CACHE_COLUMNS

説明

このプロシージャは、特定のビューのキャッシュされたデータを保持する、キャッシュデータベース内のテーブルの列に関する情報を返します。

GET_CACHE_TABLE プロシージャも役立ちます。

構文

GET_CACHE_COLUMNS(
      input_database_name : text,
    , input_view_name : text
)
  • input_database_name: データベースの名前。

  • input_view_name: ビューの名前。


このプロシージャは、ビューの列ごとに以下のフィールドで構成される 1 つの行を返します。

  • database_name: ビューのデータベース。

  • view_name: ビューの名前。

  • column_name: ビュー内 のフィールドの名前。

  • cache_catalog_name: キャッシュされたデータを格納するテーブルのカタログ。

  • cache_schema_name: キャッシュされたデータを格納するテーブルのスキーマ。

  • cache_table_name: キャッシュされたデータを格納するテーブルの名前。

  • cache_column_name: キャッシュデータベースのテーブル内のフィールド。通常、この値は column_name と同じですが、常に同じであるとは限りません。 column_name がキャッシュデータベース内で予約されている単語である場合、それらの名前は異なります。その場合、キャッシュエンジンはこのフィールドについて異なる名前を使用してテーブルを作成します。この名前は、 field_ とその直後の数字で構成されます。

  • cache_column_type_name: フィールドの「ソース型プロパティ」内のフィールド型の名前。たとえば、 VARCHARNCHARINTEGERBIGINT などです。

    これらは、JDBC API のクラス java.sql.Types に定義されている定数の名前です。

  • cache_column_type_id: キャッシュデータベースのフィールドの型を表す数字。

    このフィールドの値は、JDBC API のクラス java.sql.Types に定義されています。たとえば、 INT = 4VARCHAR = 12 などです。

  • cache_column_type_size: この意味は、キャッシュデータベースのフィールドの型によって異なります。

    • text 型のフィールドの場合、これはフィールドの最大長を示します。

    • 数値型の場合、これは精度を示します。このため、 int および long フィールドの場合、この数字は 0 です。

  • cache_column_type_decimals: このフィールドの値が格納できる小数部の桁数。