GET_CACHE_CONFIGURATION

説明

ストアドプロシージャ GET_CACHE_CONFIGURATION は、サーバーのキャッシュ構成と各 Virtual DataPort データベースのキャッシュ構成を返します。

構文

GET_CACHE_CONFIGURATION (
    database_name : text
)
  • database_name: キャッシュ構成の取得対象データベース。 null の場合、このプロシージャはすべてのデータベースのキャッシュ構成とグローバルキャッシュ構成を返します。

このプロシージャは、グローバルキャッシュ構成が格納された 1 つの行 (この行では database_name フィールドが null に設定されます) と、データベースごとに 1 つの行を返します。各行には以下のフィールドがあります。これらは、Administration Tool で構成できるフィールドと同じです。

  • database_name: データベースの名前。グローバルキャッシュ構成を表す行の場合、このフィールドは null です。

  • database_datasource_name: キャッシュデータソースが含まれているデータベース。データベースに特定のキャッシュ構成がない場合、この値は admin です。

  • datasource_name: キャッシュデータソースの名前。データベースに特定のキャッシュ構成がない場合、この値は vdpcachedatasource です。

  • adapter_database_name: キャッシュデータソースのアダプター。

  • adapter_database_version: キャッシュデータソースのアダプターのバージョン。

  • adapter_driver_name: キャッシュデータソースのアダプターのドライバークラス名。

  • status: このデータベースでキャッシュが有効になっている場合は ON 、無効になっている場合は OFF

  • batch_size: バッチ挿入サイズ (行数)。

  • time_to_live: データベースの デフォルトの有効時間 (秒単位)。データベースに独自のキャッシュ構成があるものの、このフィールドの値が Default の場合は 0 です。これは、グローバルキャッシュ構成で設定されている有効時間を使用することを意味します。

  • maintenance: cache maintenance task が有効になっている場合は true 、そうでない場合は false

  • maintainer_period: サーバーがキャッシュメンテナンスタスクを実行する頻度 (秒単位)。

必要な権限

このプロシージャには権限は必要がありません。

例 1

グローバルキャッシュ構成とすべてのデータベースのキャッシュ構成を取得するには、以下を実行します。

SELECT database_name, status, batch_size, time_to_live, maintenance, maintainer_period
FROM GET_CACHE_CONFIGURATION()

結果は以下のようになります。

database_name

status

batch_size

time_to_live

maintenance

maintainer_period

null

ON

200

120000

true

21600

customer360

ON

200

120000

true

21600

最初の行は、 database_namenull であるため、グローバルキャッシュ構成を表しています。

例 2

グローバルキャッシュ構成のみを取得するには、以下を実行します。

SELECT *
FROM GET_CACHE_CONFIGURATION()
WHERE database_name is null;

例 3

特定のデータベースのキャッシュ構成を取得するには、以下を実行します。

SELECT *
FROM GET_CACHE_CONFIGURATION()
WHERE database_name = 'customer360';