GET_CACHE_TABLE

説明

ストアドプロシージャ GET_CACHE_TABLE は、特定のビューのキャッシュされたデータを保持する、キャッシュデータベースのテーブルの名前を返します。また、ビューのキャッシュ構成に関する追加情報も返します。

GET_CACHE_COLUMNS プロシージャも役立ちます。

構文

GET_CACHE_TABLE (
      input_database_name : text
    , input_view_name : text
)
  • input_database_name: データベースの名前。

  • input_view_name: ビューの名前。


このプロシージャは、以下のフィールドで構成される 1 つの行を返します。

  • database_name: データベースの名前。

  • view_name: ビューの名前。

  • view_type: ビューのタイプ。ベースビュー、選択、結合、インターフェイスなどです。ビューのタイプが結合の場合、このフィールドの値には以下の情報がその順番どおりに含まれます。

    • 結合のタイプ: 「Inner」、「Left outer」、「Right outer」、または「Full outer」のいずれか。

    • 結合方法: 「Any」、「Hash」、「Nested」、「Nested parallel」、または「Merge」のいずれかです。「Any」は、ビューの作成時にユーザーが結合の実行方法を選択しなかったため、実行エンジンが実行時にその方法を選択することを意味します。

    • 結合の順序: 「Any」、「Ordered」、または「Reverseorder」のいずれかです。「Any」は、ビューの作成時にユーザーが結合の実行順序を選択しなかったため、実行エンジンが実行時にその順序を選択することを意味します。

  • cache_catalog_name: キャッシュされたデータを格納するテーブルのカタログ。

  • cache_schema_name: キャッシュされたデータを格納するテーブルのスキーマ。

  • cache_table_name: キャッシュされたデータを格納するテーブル。

  • effective_ttl: キャッシュされたデータの有効時間。 Never expire に設定されている場合は -1 です。

  • vdp_view_timezone: ビューのタイムゾーン。

  • cache_timezone: キャッシュデータベースのタイムゾーン。

ビューのキャッシュが有効になっていない場合はエラーが返されます。

必要な権限

少なくとも input_view_name ビューに対する Metadata 権限が必要です。権限がない場合はエラーが返されます。