GET_ELEMENTS

説明

ストアドプロシージャ GET_ELEMENTS は、任意のエレメント (データソース、ビュー、Web サービスなど) に関する情報を返します。複数のパラメーター (エレメント名、タイプなど) で結果をフィルターできます。

各行は、1 つのエレメントを表します。

ビューに関する情報を取得する場合は、プロシージャ GET_VIEWS を使用することをお勧めします。その方がより詳しい情報が提供されるためです。

構文

GET_ELEMENTS (
      input_database_name : text
    , input_name : text
    , input_type : element type
    , input_user_creator : text
    , input_last_user_modifier : text
    , input_init_create_date : date
    , input_end_create_date : date
    , input_init_last_modification_date : date
    , input_end_last_modification_date : date
    , input_description : text
)

<element type> ::=
      NULL
    | 'Folders'
    | 'DataSources'
    | 'StoredProcedures'
    | 'Wrappers'
    | 'Views'
    | 'WebServices'
    | 'Widgets'
    | 'Associations'
    | 'JMSListeners'
  • このプロシージャを CALL で呼び出し、パラメーターでフィルターしない場合は、 null を渡します。

  • このプロシージャは、AND 条件を使用して入力パラメーターを評価します。たとえば、 input_database_nameinput_name 、および input_description に値を渡すと、このプロシージャは、このデータベース かつ この名前の、 かつ この説明を含むエレメントを検索して返します。

  • このプロシージャは、等号の代わりに LIKE 演算子を使用して以下のパラメーターを評価します。

    • input_name

    • input_user_creator

    • input_last_user_modifier

    • input_description

    つまり、これらのパラメーターの値では、LIKE とともに使用するワイルドカード演算子 (%_) を使用できます。説明による検索では大文字と小文字は区別されません。

  • input_init_create_date および input_end_create_date 、または input_init_last_modification_date および input_end_last_modification_date の値を指定した場合、このプロシージャはこれら 2 つの期間に作成されたエレメントを返します。たとえば、 input_init_create_date および input_end_create_date の値を指定した場合、このプロシージャはこの 2 つの日付の間に作成されたエレメントを返します。

    input_init_create_datenull の場合、このプロシージャは input_end_create_date より前に作成されたすべてのエレメントを返します。

    input_end_create_datenull の場合、このプロシージャは input_init_create_date より後に作成されたすべてのエレメントを返します。 input_init_last_modification_date および input_end_last_modification_date で検索する場合も同じように機能します。


このプロシージャは、以下のフィールドを返します。

  • database_name: エレメントが属すデータベースの名前。

  • name: エレメントの名前。

  • type: エレメントのタイプ。値は以下のとおりです。

    • association

    • datasource

    • folder

    • storedProcedure

    • type

    • view

    • webService

    • widget

    • wrapper

  • subtype: エレメントのサブタイプ、またはエレメントにサブタイプがない場合は空の文字列。サブタイプがあるエレメント、およびそれらのサブタイプは以下のとおりです。

    • view: basederivedinterface 、または materialized

    • datasource: customdfessbasejdbcjsonldapodbcolapsalesforcesapbwbapisaperpws 、または xml

    • wrapper: customdfessbasehtmljdbcjsonldapodbcolapsalesforcesapbwbapisaperpws 、または xml

  • user_creator: エレメントの所有者。

  • last_user_modifier: エレメントを最後に変更したユーザー。エレメントが一度も変更されていない場合、この値は user_creator と同じです。

  • create_date: エレメントが作成された日付。

  • last_modification_date: エレメントが最後に変更された日付。エレメントが一度も変更されていない場合、この値は create_date と同じです。

  • description: エレメントの説明

  • folder: エレメントのフォルダー (小文字)。エレメントがフォルダーに格納されていない場合、この値は / です。

  • base_view_type: 基本ビューのラッパーサブタイプ、またはエレメントが基本ビューではない場合は null 。有効なサブタイプは、 customdfessbasehtmljdbcjsonldapodbcolapsalesforcesapbwbapisaperpws 、または xml です。

必要な権限

このプロシージャの結果は、それを実行するユーザーに付与されている権限によって異なります。ユーザーが管理者ユーザーではない場合、以下の点に注意してください。

  • パラメーター input_database_namenull ではない場合、ユーザーがこのデータベースに対する CONNECT 権限を持っていないと、このプロシージャはエラーを返します。

  • このプロシージャは、ユーザーが METADATA 権限を持っているエレメントに関する情報のみを返します。

例 1

SELECT *
FROM GET_ELEMENTS()
WHERE input_database_name = 'customer_report' AND folder = '/base views'

データベース「customer_report」の特定のフォルダー内にあるすべてのエレメントを取得します。 folder はこのプロシージャの入力パラメーターではありません。このため、実行エンジンは、パラメーター input_database_name を渡してこのプロシージャを実行します。返される結果は、そのデータベース内のすべてのエレメントに関する情報です。次に、実行エンジンはこの結果をフィルターして、「base views」という名前のフォルダーのみを返します。

例 2

SELECT *
FROM GET_ELEMENTS()
WHERE
    input_database_name = 'customer_report'
AND (input_init_create_date = ADDDAY(CURRENT_DATE, -1));

昨日の午前 0 時以降に作成されたデータベース「customer_report」のすべてのエレメントを取得します。

例 3

SELECT *
FROM GET_ELEMENTS()
WHERE input_type = 'views' AND input_description = '%report%';

このクエリは、説明に「report」という単語が含まれているすべてのビューを返します。