GET_JDBC_DATASOURCE_TABLES

説明

ストアドプロシージャ GET_JDBC_DATASOURCE_TABLES は、検索条件に一致する JDBC データソースの基盤となるデータベースのテーブル/ビューのリストを返します。

GENERATE_VQL_TO_CREATE_JDBC_BASE_VIEW プロシージャと組み合わせることで、ソースデータベースのすべてのテーブル/ビュー用の基本ビューを作成するプロセスを自動化できます。

構文

GET_JDBC_DATASOURCE_TABLES(
      input_datasource_name : text,
      input_catalog_name : text,
      input_schema_name : text,
      input_table_name : text,
      input_type : text
)
  • input_datasource_name: テーブルのリストの取得対象データソースの名前。

  • input_catalog_name (オプション): テーブルのリストの取得先カタログの名前。データソースがカタログをサポートしていない場合は、 null に設定します。 null に設定し、データソースがカタログをサポートしている場合、このプロシージャはすべてのカタログのすべての一致するテーブルを返します。

  • input_schema_name (オプション): テーブルのリストの取得先スキーマの名前。データソースがスキーマをサポートしていない場合は、 null に設定します。 null に設定し、データソースがスキーマをサポートしている場合、このプロシージャはすべてのスキーマのすべての一致するテーブルを返します。

  • input_table_name (オプション): テーブルの名前。

  • input_type (オプション): 検索するエレメントのタイプ。 null の場合は、すべてのタイプのエレメントが返されます。このパラメーターの有効な値は、基盤となるデータベースによって異なります。このパラメーターに渡すことができる値を知りたい場合は、このパラメーターに null を渡してこのプロシージャを実行し、パラメーター「TYPE」の値を確認してください。


このプロシージャは、検索条件に一致する JDBC データソースの基盤となるデータベースのテーブル/ビューごとに 1 つの行を返します。

  • catalog_name: 特定のテーブルのカタログの名前。

  • schema_name: 特定のテーブルのスキーマの名前。

  • table_name: 特定のテーブルの名前。

  • type: 特定のテーブルのカタログのタイプ。

必要な権限

ユーザーには、データソースに対する Execute 権限が必要です。