GET_SERVER_CONNECTIVITY

説明

ストアドプロシージャ GET_SERVER_CONNECTIVITY は、Virtual DataPort が着信接続を待機する TCP/IP ポートの番号を返します。

構文

GET_SERVER_CONNECTIVITY ()

このプロシージャは、以下のフィールドで構成される単一の行を返します。

  • server_port: JDBC アプリケーション、(Denodo Monitor およびその他の監視ツールの) JMX アプリケーション、および Administration Tool からの着信接続用ポート。

  • odbc_port: ODBC ポート。

  • http_port: Denodo の Web コンテナーの HTTP ポート。

  • https_enabled: Web コンテナーで Web コンテナーとそのクライアントの間の HTTPS 通信が有効になっている場合は true 、そうでない場合は false 。true の場合も、 http_port 経由の通信はプレーンテキスト形式で行われます。

  • https_port: Denodo の Web コンテナーの HTTPS ポート。

  • ssl_enabled: Virtual DataPort とそのクライアントの間のトラフィックに対して SSL/TLS が有効になっている場合は true、そうでない場合は false。

必要な権限

このプロシージャを実行するために必要な権限はありません。

例 1

SELECT *
FROM GET_SERVER_CONNECTIVITY()