GET_VIEW_INDEXES

説明

ストアドプロシージャ GET_VIEW_INDEXES は、ビューのインデックスのリストを返します。これらは、Administration Tool でビューの [Options] の [Indexes] タブに表示されるインデックスです。

各行は、インデックスのフィールドを表します。

構文

GET_VIEW_INDEXES (
      input_database_name : text
    , input_view_name : text
)
  • このプロシージャを CALL で呼び出し、パラメーターでフィルターしない場合は、 null を渡します。

  • input_database_name および input_view_namenull の場合、このプロシージャはインデックスの一部であるすべてのフィールドを返します。

  • input_view_namenull の場合、このプロシージャは input_database_name のインデックスの一部であるすべてのフィールドを返します。


このプロシージャは、以下のフィールドを返します。

  • database_name: エレメントが属すデータベースの名前。

  • view_name: ビューの名前。

  • unique: フィールドが一意のインデックスに属している場合は true、そうでない場合は false。

  • index_name: インデックスの名前。

  • type: インデックスのタイプ。

    • 1: クラスター化インデックス。

    • 2: ハッシュ化インデックス。

    • 3: その他のスタイルのインデックス。

  • ordinal_position: インデックス内の列のシーケンス番号。最初の列は 1 です。

  • column_name: 列名。

  • asc_or_desc: 列のソート順序。

    • A: 昇順

    • D: 降順

    • null: ソート順序がサポートされていない

  • filter_condition: フィルター条件。フィルター条件がない場合は null です。

必要な権限

このプロシージャの結果は、それを実行するユーザーに付与されている権限によって異なります。ユーザーが管理者ユーザーではない場合、以下の点に注意してください。

  • パラメーター input_database_namenull ではない場合、ユーザーがこのデータベースに対する CONNECT 権限を持っていないと、このプロシージャはエラーを返します。

  • このプロシージャは、ユーザーが METADATA 権限を持っているビューのインデックスに関する情報のみを返します。

SELECT unique, index_name, type
FROM get_view_indexes()
WHERE input_database_name ='chinook' AND input_view_name = 'album'

結果は以下のとおりです。

index_name

unique

type

pk_index

true

3

IFK_AlbumArtistId

false

3