GET_VIEW_STATISTICS

説明

ストアドプロシージャ GET_VIEW_STATISTICS は、ビューの統計を返します。結果の各行は、ビューのフィールドの統計を表します。

ビューの統計が収集されていない場合、このプロシージャは 0 行を返します。ビューの統計を収集するには、ストアドプロシージャ GENERATE_SMART_STATS_FOR_FIELDS を使用するか、Administration Tool でビューの [Options] > [Statistics] ダイアログを使用します。

構文

GET_VIEW_STATISTICS (
      input_database_name : text
    , input_name : text
)
  • input_database_name (必須): ビューのデータベース。

  • input_name (必須): ビューの名前。

このプロシージャは、ビューのフィールドごとに以下のフィールドで構成される 1 つの行を返します。

  • database_name: ビューのデータベースの名前。

  • name: ビューの名前。

  • field_name: フィールドの名前。

  • rows_number: ビューの行数。この値は、ビューのすべての行で同じです。

  • average_size: テキストフィールドの場合は平均の長さ、それ以外の型の場合は平均サイズ (バイト単位)。

  • min_value: フィールドの最小値。

  • max_value: フィールドの最大値。

  • distinct_values: フィールドの個別の値の数。

  • null_values: フィールドの NULL 値の数。

注意

このプロシージャは、以下の場合は 0 行を返します。

  1. ビューに対する EXECUTE 権限がユーザーにない。

  2. ビューが存在しない。

  3. ビューの統計が収集されていない。

必要な権限

このプロシージャは、ユーザーがビューに対する EXECUTE 権限を持っている場合にのみ、ビューに関する情報を返します。そうでない場合は行を返しません。

例 1

SELECT field_name, rows_number, average_size, min_value, max_value, distinct_values, null_values
FROM GET_VIEW_STATISTICS()
WHERE input_database_name = 'customer_report'
    AND input_name = 'invoice'

このクエリは、ビュー「invoice」 (データベース「customer_report」) のすべてのフィールドの統計を取得します。