WEBCONTAINER_ELEMENT_STATUS

説明

ストアドプロシージャ WEBCONTAINER_ELEMENT_STATUS は、すべての Virtual DataPort データベースの Web サービス (SOAP および REST) とウィジェットに関する情報を返します。データベース、Web サービスのタイプ、サービスの名前でフィルターしたり、デプロイされているサービスのみを参照したりできます。

構文

WEBCONTAINER_ELEMENT_STATUS (
      input_database_name : text
    , <input_service>
    , <input_service_type>
    , input_service_name : text
    , input_description : text
    , input_modified : boolean
    , input_deployed : boolean
)

<input_service> ::=
      'webservice'
    | 'widget'

<input_service_type> ::=
      'REST'
    | 'SOAP'
    | 'SOAP/REST'

すべてのパラメーターはオプションです 。パラメーターが null の場合、このプロシージャはそのパラメーターでフィルターしません。

  • input_database_name: Web サービスとウィジェットの一方または両方の検索対象データベース。 null の場合、すべてのデータベースでサービスを検索します。

  • input_service: 検索するサービスのタイプ。値の大文字と小文字は区別されません。

    • ウィジェットを検索するには、 "widget" と入力します。

    • Web サービスを検索するには、 "webservice" と入力します。

    • 両方検索するには、 null と入力します。

  • input_service_type: 検索するサービスのタイプ。ウィジェットにはサブタイプはありません。そのため、ウィジェットを検索する場合は、 service パラメーターの値として widget と入力し、このパラメーターを null に設定します。

    • REST Web サービスを検索するには、 "REST" と入力します。

    • SOAP Web サービスを検索するには、 "SOAP" と入力します。

    • Virtual DataPort 4.7 以前からインポートした Web サービスを検索するには、 "SOAP/REST" と入力します。

  • input_service_name: 指定した場合、このプロシージャはこの値が名前に 含まれている サービスを返します。パラメーター input_database_namenull の場合、このプロシージャは、現在接続しているデータベースだけではなく、すべてのデータベースのサービスのうちで、この名前と一致しているものを返します。

  • input_description: 指定した場合、このプロシージャは、この値が説明に 含まれている サービスを返します。

  • input_modified: true の場合、デプロイされていて、デプロイ後に変更されたすべてのサービスを返します。 false の場合、デプロイされていて、その後変更されていないすべてのサービスを返します。

  • input_deployed: true の場合、デプロイされているすべてのサービスを返します。 false の場合、デプロイされていないサービスを返します。

このプロシージャは、Web サービスごとに以下のフィールドで構成される 1 つの行を返します。

  • database_name: サービスのデータベース (ウィジェットまたは Web サービス)。

  • service: サービスのタイプ。想定される値は以下のとおりです。

    • webservice

    • widget

  • service_type: サービスのタイプ。想定される値は以下のとおりです。

    • REST: REST Web サービス。

    • SOAP: SOAP Web サービス。

    • null: ウィジェット。

  • service_name: サービスの名前 (ウィジェットまたは Web サービス)。

  • ws_description: 説明。

  • deployed: サービスが Denodo の Web コンテナーにデプロイされている場合は true 、そうでない場合は false

  • modified: サービスが Denodo の Web コンテナーにデプロイされてから変更されている場合は true 、そうでない場合は false

  • ws_context: サービスがデプロイされる Denodo Web コンテナー内のコンテキスト。サービスが Denodo の Web コンテナーにデプロイされていない場合は null です。

  • ws_user: サービスがサーバーに接続してクエリを実行するために使用するアカウント。サービスが Denodo の Web コンテナーにデプロイされていない場合は null です。

必要な権限

このプロシージャは、ユーザーが管理者であるデータベースに属している Web サービスとウィジェットに関する情報のみを返します。その意味は以下のとおりです。

  • ユーザーが管理者の場合、このプロシージャはすべての Web サービスとウィジェットに関する情報を返します。

  • このプロシージャは、ユーザーがローカル管理者であるデータベースの Web サービスとウィジェットに関する情報を返します。

このプロシージャは、「権限エラー」を返しません。たとえば、以下の例を考えてみます。

  • ユーザーがすべてのデータベースの Web サービスに関する情報をリクエストします。

  • サーバーには、 admintesting という 2 つのデータベースがあります。

  • このユーザーは testing データベースのみのローカル管理者であり、 admin データベースの管理者ではありません。

このシナリオでは、このプロシージャは testing データベースの Web サービスに関する情報のみを返し、 admin データベースの Web サービスに関する情報は返しません。

例 1

test データベースのすべての REST Web サービスを取得する:

SELECT *
FROM WEBCONTAINER_ELEMENT_STATUS()
WHERE input_database_name = 'test'
    AND input_service_type = 'REST'

例 2

ウィジェット用にデプロイされているすべての Web サービスと補助 Web サービスを取得する:

SELECT *
FROM WEBCONTAINER_ELEMENT_STATUS()
WHERE input_deployed = true;

例 3

デプロイされてから定義が変更されたすべてのデプロイ済み Web サービスを取得する:

SELECT *
FROM WEBCONTAINER_ELEMENT_STATUS()
WHERE input_deployed = true
    AND input_modified = true;

この例では、デプロイされているサービスのみが変更済みとしてマークされるため、最後のパラメーター (deployed) を true に設定するのと null に設定するのは同じことです。