更新プログラムおよび修正プログラムのインストール

ここでは、Denodo Platform のインストール環境に、Denodo の更新プログラムや修正プログラムをインストールする方法を説明します。ここに示した手順は、Solution Manager の更新プログラムや修正プログラムの場合にも使用できます。

更新プログラムや修正プログラムは、zip ファイルでリリースされ、以下のものが含まれています。

  • 含まれるバグ修正と拡張機能について説明しているファイル (RELEASENOTES)。

  • 更新プログラムが含まれる jar ファイル。

  • 一時ライセンスが含まれるベータ版更新プログラム。これにより、Denodo の現在のインストール環境に干渉することなく別の環境にベータ版更新プログラムをインストールできます。

更新プログラムをインストールする方法には次の 2 つがあります。

  1. Control Center からグラフィカルにインストールする

  2. コマンドラインからインストールする

Denodo サーバーでは、管理ツールおよびドライバーに関して、同じメジャーバージョン内での下位互換性が維持されます。つまり、サーバーに新しい更新プログラムをインストールする際に、それを管理ツールや JDBC または ODBC クライアントにもインストールする必要はありません。

重要

Solution Manager 向けの更新プログラムまたは修正プログラムをインストールした後は、Solution Manager サーバーを起動する 前に License Manager を起動してください。そうしなければ、Solution Manager サーバーが失敗することがあります。

グラフィカルツールを使用した、更新プログラムまたは修正プログラムのインストール

Control Center から更新プログラムまたは修正プログラムをインストールするには、以下の手順に従って実施してください。

  1. 更新プログラムまたは修正プログラムの zip ファイルを解凍します。

  2. 更新プログラムまたは修正プログラムに含まれている RELEASE NOTES ファイルを読みます。特に、「 インストール後の作業 」を注意してお読みください。

  3. 更新プログラムまたは修正プログラムをインストールするホストで、すべての Denodo サーバーとツール、および Microsoft Internet Explorer のすべてのインスタンスを停止します。

  4. 必要に応じて、Denodo Platform のフォルダー全体のコピーを作成することをお勧めします。Denodo 更新プログラムをロールバックすることはできないため、必要があればこのコピーを使用して、Platform を適用前の状態にすみやかに復元できます。

    フォルダーのコピーを作成する前に、以下のフォルダーの内容を削除して、容量を節約できます。

    • <DENODO_HOME>/work/vdp/swap

    • <DENODO_HOME>/work/vdp/pipe

    これらのフォルダーには、Denodo サーバーが停止した後には不要な情報が含まれています。

  5. 本番サーバーで、いずれかのコンポーネントが、メタデータおよび設定を外部データベースに保存するよう構成されている場合は、メタデータが保存されているデータベースのカタログのバックアップを作成することをお勧めします。

    メタデータおよび設定を外部データベースに保存するよう構成されている可能性があるコンポーネントは、Solution Manager、Data Catalog、および Scheduler です。

    この推奨事項は、Virtual DataPort のキャッシュデータベースにはあてはまりません。

  6. Control Center を開きます。

  7. [Update] をクリックします。表示されるダイアログに、インストール済みの更新プログラムのリストが示されます (リストで最後の更新プログラムが現在の更新プログラムです)。

  8. [Install update] をクリックして、この更新プログラムの jar ファイルを選択 します (zip ファイルではありません)。Control Center に進捗バーのダイアログが表示されます。

コマンドラインからの更新プログラムまたは修正プログラムのインストール

コマンドラインから、GUI を表示せずに更新プログラムまたは修正プログラムをインストールできます。これは、グラフィック非対応のホストで、スクリプトを使用して更新プログラムまたは修正プログラムをインストールする場合に有用です。

以下の手順に従って実施してください。

  1. 更新プログラムまたは修正プログラムの zip ファイルを解凍します。

  2. 更新プログラムまたは修正プログラムに含まれている RELEASE NOTES ファイルを読みます。特に、「 インストール後の作業 」を注意してお読みください。

  3. 更新プログラムまたは修正プログラムをインストールするホストで、すべての Denodo サーバーとツール、および Microsoft Internet Explorer のすべてのインスタンスを停止します。

  4. 必要に応じて、Denodo Platform のフォルダー全体のコピーを作成することをお勧めします。Denodo 更新プログラムをロールバックすることはできないため、必要があればこのコピーを使用して、Platform を適用前の状態にすみやかに復元できます。

    フォルダーのコピーを作成する前に、以下のフォルダーの内容を削除して、容量を節約できます。

    • <DENODO_HOME>/work/vdp/swap

    • <DENODO_HOME>/work/vdp/pipe

    これらのフォルダーには、Denodo サーバーが停止した後には不要な情報が含まれています。

  5. 本番サーバーで、いずれかのコンポーネントが、メタデータおよび設定を外部データベースに保存するよう構成されている場合は、メタデータが保存されているデータベースのカタログのバックアップを作成することをお勧めします。

    メタデータおよび設定を外部データベースに保存するよう構成されている可能性があるコンポーネントは、Solution Manager、Data Catalog、および Scheduler です。

    この推奨事項は、Virtual DataPort のキャッシュデータベースにはあてはまりません。

  6. コマンドラインを開きます。Windows の場合は、管理者としてログインしている場合でも、[管理者として実行] オプションを使用してコマンドラインを起動します。

  7. 次のコマンドを実行します。

    Linux の場合 :

    cd <DENODO_HOME>
    ./jre/bin/java -jar <path to the jar file of the update>/denodo-v70-update-<yyyyMMdd>.jar <DENODO_HOME> -c
    

    Windows の場合 :

    cd <DENODO_HOME>
    .\jre\bin\java.exe -jar <path to the jar file of the update>/denodo-v70-update-<yyyyMMdd>.jar <DENODO_HOME> -c
    

このコマンドの <DENODO_HOME> を、Denodo のインストール環境のパスに置き換えます。

これにより、更新プログラムが <DENODO_HOME> で指定したインストール環境にインストールされます。

インストーラーで、実行中の Denodo サーバーまたはツールがあることが検出された場合、続行するために構成の確認を求められます。インストーラーからこれが求められるのは、更新プログラムまたは修正プログラムを適切にインストールできることを確認するためです。スクリプトを使用して、同じ更新プログラムまたは修正プログラムを複数のホストにインストールする場合は、このことを考慮してください。

このコマンドは、以下のいずれかの終了コードを返します。

  • 0 : 更新プログラムまたは修正プログラムが正常にインストールされました。

  • 1 : 更新プログラムまたは修正プログラムのインストール中に実行された 1 つまたは複数のコマンドが失敗しました。

  • -1 : その他の種類のエラーが発生しました。