グラフィックインストールウィザードの使用

このセクションでは、Denodo Platform のグラフィックインストーラーの使用方法を説明します。

グラフィック環境を備えていないホストに Denodo Platform をインストールする場合は、次のセクション (「 コマンドラインインストーラーの使用 」) に進んでください。

自動インストールを実行する場合は、「 Denodo Platform の自動インストール 」を参照してください。

重要

Denodo Platform のモジュールは、たとえ現状ではすべてを使用する予定がない場合でも、すべてをインストールしておくことを推奨します。インストーラーで既存のインストール環境に後からモジュールを追加することはできないからです。将来、未インストールのモジュールが必要になった場合、Denodo Platform を再度インストールして構成する必要が生じます。

インストーラーをダウンロードしたら、展開して、次の手順により起動します。

  • Windows の場合 、ディレクトリ denodo-install-8.0 に移動して、 install.exe を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。Windows のユーザーアカウント制御を有効にしている場合、下図のようなダイアログが表示され、管理者ユーザーの資格情報を入力する必要があります。

Administrator credentials request dialog

管理者の資格情報を要求するダイアログ

  • Linux の場合 、以下を実行します。

    cd denodo-install-8.0
    chmod +x install.sh
    ./install.sh
    

ウィザードに従ってインストール手順を進めます。

[Next] をクリックして手順 1 に進みます。


手順 1

製品のライセンス条件が表示されます。条件をよく読み、同意する場合は [I accept the terms of this license] を選択して [Next] をクリックします。


手順 2

インストールモードを選択します。

  1. [Default Installation] : ほとんどのユーザーに推奨されるモードです。インストールするモジュールを選択することができ、モジュールはデフォルトの構成値でインストールされます。

    デフォルトのインストールの場合、Denodo サーバーはデフォルトのポートで着信接続をリッスンします。ポート一覧については、付録「 Denodo Platform のモジュールで使用されるデフォルトのポート 」を参照してください。

  2. [Custom Installation] : 上級ユーザーに推奨されるモードです。Denodo Platform サーバーが着信接続をリッスンするポートなど、いくつかの構成パラメーターの値を設定できます。

Step 2: selecting the installation method

手順 2 : インストール方法の選択

Denodo Platform をインストールするパスを [Installation path] に入力します。

重要

  • インストールパスに空白文字を含めることは できません (例 : C:\Denodo\Denodo Platform 8.0 は無効です)。空白が含まれていると、一部の並列処理データベースへの接続に失敗する場合があります。

  • Denodo Platform は、インストール先ディレクトリにデータを書き込むため、Denodo サーバーを起動するユーザーアカウントは、このディレクトリへの書き込み権限を持っている必要があります。

  • Windows にインストールする場合、インストールパスに「ジャンクションポイント」を含めることはできません (「 Junction Points - Microsoft Developer Network 」)。

注釈

Denodo Express をインストールする場合、[License file location] のフィールドには、サイトからダウンロードしたライセンスファイル (denodo-express-lic-XXXX.lic) のパスを入力します。

標準インストールの場合は、このフィールドを空欄のままにします。入手したライセンスファイルは、ここではなく Solution Manager にインストールする必要があります。


手順 3

インストールするモジュールとコンポーネントを選択します。

Step 3: selecting the modules to install

手順 3 : インストールするモジュールの選択

[ Custom Installation ] を選択した場合、各モジュールを構成する必要があります。Denodo Platform の各モジュールの構成方法は、以下のセクションで説明しています。


手順 4

[License Manager host] に、Denodo Solution Manager をインストールしたコンピュータのホスト名を入力します。

Denodo Express をインストールする場合、または License Manager をまだインストールしていない場合は、このフィールドを空欄のままにします。後で Denodo Platform Control Center からホストを変更する必要があります。

注釈

[License Manager host] に localhost を入力することはできません。License Manager がインストールされているマシンの実際のホスト名を入力してください。ホスト名が設定されていない場合は、IP アドレスを入力します。

Step 4: configuring the License Manager

必要なファイルのコピー (これには数分かかる場合があります) を開始する前に、インストールの構成の概要が表示されます。この概要を保存するには、[Save] をクリックします。

すべてのファイルのコピーが完了したら、Denodo Platform Control Center を起動するショートカットを Windows の [スタート] メニューまたは Linux の同等のメニューに作成するかどうかを選択できます。