Denodo 6.0 の組み込み Web コンテナーの変更点

Log4j 構成ファイルの場所

Denodo 8.0 では、Denodo (Apache Tomcat) の Web コンテナーのログエンジンの構成ファイルは <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/lib/log4j2.xml になります。

5.5 以前のバージョンでは、このファイルは <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/common/classes/log4j.xml に格納されていました。

ログシステムのデフォルト構成の変更点

Denodo 6.0 以降、Tomcat は、denodows.log ファイルまたは tomcat.log ファイル (どちらのファイルも <DENODO_HOME>/logs/apache-tomcat に格納されている) にメッセージを記録します。

Denodo Platform の以前のバージョンでは、一部のメッセージが両方のファイルに記録されていました。

構成に関する変更点

Denodo 6.0 以降、Denodo (Apache Tomcat) の Web コンテナーの構成を変更するには、 <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/conf/server.xml を編集します。ファイル <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/conf/server.xml.template は今後存在しません。