Scheduler 6.0 の変更点

ドキュメント数とエラー数のカウンターを Long 型で格納

Denodo 5.5 では、抽出/エクスポート/キャッシュされたタプルとエラーの数のカウンターは Integer データ型で格納されていました。

Denodo 6.0 以降、これらのカウンターは Long データ型で格納されます。これは、 AbstractExtractionJobReport (およびそのサブクラス) と JobData (およびそのサブクラス) のメソッドに影響します。