新しいインストール環境への設定とメタデータのインポート

以前のインストール環境から新しいインストール環境にメタデータをインポートするには、以下の手順に従って実施してください。

使用していないモジュールのメタデータと設定をインポートする必要はありません。

重要

Denodo 5.5 以前のバージョンからは、メタデータと設定のどちらもインポートしないでください。バージョン 5.5 以前の VQL ステートメントには 8.0 との互換性がないものがあります。この場合の手順については、「 Denodo Platform 5.5 以前からのアップグレード 」を参照してください。

  1. Denodo 7.0 から取得したファイル resources_denodo.vql および metadata_denodo.vql を、Denodo 8.0 をインストールしたコンピュータにコピーします。

  2. Denodo 8.0 をインストールしたコンピュータに接続し、コマンドプロンプトを開いて次のコマンドを実行します。

    • Windows の場合:

    cd <DENODO_HOME>
    cd bin
    
    import.bat --file resources_denodo.vql --server "//localhost:9999/admin?<administrator user>@<password>" > import_resources.log 2>&1
    
    import.bat --file metadata_denodo.vql --server "//localhost:9999/admin?<administrator user>@<password>" > import_metadata.log 2>&1
    
    • Linux の場合:

    cd <DENODO_HOME>
    cd bin
    
    ./import.sh --file resources_denodo.vql --server "//localhost:9999/admin?<administrator user>@<password>" > import_resources.log 2>&1
    
    ./import.sh --file metadata_denodo.vql --server "//localhost:9999/admin?<administrator user>@<password>" > import_metadata.log 2>&1
    

    このコマンドの <administrator user><password> を実際の値に置き換えてください。

    上記のコマンドで、リソースファイルとメタデータファイルがインポートされ、各コマンドの出力がファイル「import_resources.log」および「import_metadata.log」にリダイレクトされます。

    このコマンドの実行後、ファイル「import_metadata.log」を開き、ファイルの末尾に移動してエラーがないことを確認します。次のように記載されています。

    -------------------------------------------------------------------------------
    [JobStatistics [//localhost:9999/jsmith?my_password] #Errors: 0 #Warnings: 0]
    --------------------------------------------------------------------------------
    

    エラーがある場合、すぐ上にあります (「ERRORS SUMMARY」を探してください)。

    ファイル「import_resources.log」を開いて、こちらでもエラーを確認します。

    このプロセスの途中でエラーがあった場合、後述の「 Virtual DataPort 7.0 のメタデータを 8.0 にインポートする際の一般的なエラー 」を参照してください。

  3. Data Catalog 8.0 に管理者アカウントでログインし、以前のバージョンからエクスポートしたファイルをインポートします。

  4. Scheduler Index の場合、Denodo Platform 8.0 がインストールされているコンピュータに接続し、次を実行します。

    • Windows の場合:

      cd <DENODO_HOME>\tools\arn-index
      
      import.bat -h localhost -p 9000 -l <user name> -P <password> -f scheduler-index_upgrade.zip
      
    • Linux の場合:

      cd <DENODO_HOME>/tools/arn-index
      
      ./import.sh -h localhost -p 9000 -l <user name> -P <password> -f scheduler-index_upgrade.zip
      

    このコマンドの <user name><password> を管理者ユーザーの資格情報に置き換えてください。

    ファイル scheduler-index_upgrade.zip は、Scheduler Index 7.0 のエクスポートの結果です。

  5. Scheduler 8.0 に管理者アカウントでログインし、以前のバージョンからエクスポートしたファイルをインポートします。

  6. Solution Manager 8.0 に管理者アカウントでログインし、以下を行います。

    1. 以前のバージョンからエクスポートしたファイルをインポートします。

    2. サーバーを編集して、新しい Denodo サーバーを参照するようにします。なお、8.0 の Solution Manager は、同じメジャーバージョン (8.0) の Denodo サーバーとのみやり取りできます。

  7. ITPilot Wrapper Generation Tool を開いて、バージョン 7.0 からエクスポートした ITPilot Wrapper をインポートします。

Virtual DataPort 7.0 のメタデータを 8.0 にインポートする際の一般的なエラー

次のようなエラーが生じることがあります。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
CREATE OR REPLACE DATASOURCE CUSTOM cw_denodo_dfs_customwrapper
    FOLDER = '/sources/hadoop/hdfs'
    CLASSNAME='com.denodo.connect.hadoop.hdfs.wrapper.HDFSDelimitedTextFileWrapper'
    JARS 'denodo-dfs-customwrapper'
ERROR:Error creating new data source:
Parameter 'File system URI' is mandatory

Command: CREATE OR REPLACE DATASOURCE CUSTOM cw_denodo_kafka
    FOLDER = '/sources/others'
    CLASSNAME='com.denodo.connect.kafka.wrapper.KafkaDateRangeConsumerWrapper'
    JARS 'denodo-kafka-customwrapper'
ERROR:Error creating new data source:
Parameter 'Connection String *' is mandatory

行番号 6 と 13 (Parameter ... is mandatory) のようなエラーは、以下を意味します。

  1. この DenodoConnect は、その基本ビューの一部として入力パラメーターを定義するために使用されています。このバージョンは、どこかの時点で Virtual DataPort 7.0 にインポートされています。

    これは、DenodoConnect ラッパーだけではなく、どのカスタムラッパーにも当てはまります。

  2. この DenodoConnect はその後、Denodo 7.0 で現在のバージョンに置き換えられました。この新しいバージョンでは、このパラメーターはデータソースで設定する必要があり、基本ビューのパラメーターではなくなっています。

このため、このカスタムラッパー用に生成された VQL は、7.0 と 8.0 の両方に対して無効です。この時点で、バージョン 7.0 では、このカスタムデータソースに作成された基本ビューにクエリを実行することはできますが、このカスタムラッパーの VQL をエクスポートして再度 7.0 にインポートした場合、それも失敗します。入力パラメーターに関してこの方法で変更した DenodoConnect コンポーネントには、その構成を変更するためのインストール後の作業があります (DenodoConnect の ZIP ファイルを開いて、README ファイルのインストール後の注意書きを参照)。