ハンドラーセクション

ジョブの実行を完了する前の最後の手順は、構成されているハンドラーを実行することです。

Denodo Scheduler では、1 つまたは複数の以下のタイプのハンドラーをジョブに追加できます。

  • Mail: ジョブの実行結果のレポートをメールで送信できます (「 ジョブ 」セクションの、ジョブの Reports アクションについての説明を参照)。宛先メールアドレスのリストを指定する必要があり (Mail addresses)、以下の送信条件を設定できます。

    • Always: ジョブの実行が完了するたびに、メールが受信者に送信されます。

    • When any of the following conditions happen:

      • Errors: ジョブの実行でエラーが発生した場合に、メールが送信されます (ハンドラーの段階の前に発生したあらゆるエラー、例: 抽出/フィルタリング/エクスポートエラー)。

      • Misfire: ジョブの始動に失敗した場合に、メールが送信されます。

      • The number of exported documents is less than: XX: エクスポートされたタプルの数が構成されたしきい値を下回る場合にメールが送信されます。

      • The number of exported documents is more (or equals) than: XX: エクスポートされたタプルの数が構成されたしきい値以上の場合にメールが送信されます。

  • Custom: ユーザーは独自のカスタムハンドラーを作成することもできます。「 ハンドラー 」のセクションを参照してください。

[Execute handler only on last retry] オプションをチェックすることで、ハンドラーがジョブの最後の再試行時にのみ実行されるよう構成できます (「 再試行セクション 」のセクションを参照)。このオプションをチェックしなかった場合、ハンドラーはジョブのすべての再試行時に実行されます。その場合、ハンドラーはジョブの実行中に、そのジョブが再試行されるかどうかを確認できます (メソッド execute が受信した JobReport オブジェクトを使用。詳細については、「 ハンドラー 」のセクションを参照)。