クラスタのログレベルの構成

注釈

グローバル管理者および Execution 権限を持つユーザーのみがログレベルを変更できます。詳細については、「 認可 」を参照してください。

注釈

サーバーにトークン認証が構成されていなければなりません。詳細については、 Denodo Platform から Security Token Server へのコネクションの構成 に関するセクションを参照してください。

クラスタの [Logging] セクションで、そのクラスタのすべての Virtual DataPort サーバーのログレベルを変更できます。これらの変更は、Virtual DataPort を再起動すると失われます。変更を永続化するには、各 Virtual DataPort の ログシステム の構成ファイルを変更します。

Dialog to configure logging level

ログレベルを構成するためのダイアログ

このセクションでは、以下のフィールドを指定する必要があります。

  • Name: ログカテゴリ。たとえば、 com.denodo

  • Level: [OFF]、[FATAL]、[ERROR]、[WARNING]、[INFO]、[DEBUG]、[TRACE] のいずれかのログレベル。

[Change Logging Level] をクリックして、変更を確定します。