リビジョンの作成

注釈

リビジョンを作成するには、対象の環境に対する Connect 以上の権限、またはグローバル管理者、昇格管理者、昇格ユーザーのいずれかのロールが必要です。詳細については、「 認可 」を参照してください。

リビジョンは、Virtual DataPort カタログのエレメントと Scheduler のジョブのコレクションです。Solution Manager Administration Tool からリビジョンを作成する方法は、次のようにいくつかあります。

  • ソース環境 environment_node をクリックして、 new-revision-text-btn オプションを選択します。

    Create a revision by clicking the source environment

    ソース環境をクリックしてリビジョンを作成する方法

  • [Promotions] メニューの [Revisions] をクリックして、 [Revisions] テーブル に移動します。

    Open the revisions table

    [Revisions] テーブルを開く方法

    表のヘッダーにある new-revision-table-btn ボタンをクリックして、ソース環境を選択します。

    Create a revision by clicking the "New Revision" button in the revisions table

    [Revisions] テーブルの [New Revision] ボタンをクリックしてリビジョンを作成する方法

新しいタブが開き、次の図のような [New Revision] ダイアログが表示されます。

Dialog to create a new revision

リビジョンを新規作成するためのダイアログ

このダイアログは、2 つのセクションに分かれています。[General] ピルでは、名前やソースサーバーなど、リビジョンに関する基本的なオプションを構成できます。[Revision Elements] ピルでは、昇格するエレメントを選択できます。リビジョンを作成する場合、両方のセクションのフォームに入力した後、上部にある保存ボタン save-btn をクリックすることを忘れないでください。

作成した各リビジョンは、次の要素で構成されます。

  • 選択した Virtual DataPort エレメント (選択は任意) が含まれる VQL

  • 選択した Scheduler のジョブ (選択は任意) が含まれる zip

全般オプション

[General] セクションでは、以下のオプションを構成できます。

  • Name: リビジョンの内容を示す名前。

  • Description: リビジョンの詳細な説明。このフィールドはオプションです。

  • Type: デプロイ時に Solution Manager が対象のエレメントに対して何を実行する必要があるかに応じて、リビジョンには次の 2 つのタイプがあります。

    1. CREATE: デプロイ時にリビジョンのエレメントが作成されます。

    2. DROP: デプロイ時にリビジョンのエレメントが削除されます。

  • Virtual DataPort server: Virtual DataPort のエレメントのソースとなる、カタログ内のサーバー。

  • Scheduler server: Scheduler のジョブのソースとなる、カタログ内のサーバー。このフィールドはオプションです。

  • Replace/Drop Virtual DataPort elements: [CREATE] リビジョンの場合、Virtual DataPort エレメントの VQL の生成方法に影響を与える戦略を選択できます。次のような戦略があります。

    • Drop elements before creating them: 生成される VQL は、各エレメントを削除してからエレメントの作成を試みます。エレメントが存在しない場合、 DROP コマンドは失敗します。

    • Replace existing elements: 生成される VQL は、各エレメントの置換を試みます。前のオプションとは異なり、 CREATE OR REPLACE コマンドは、エレメントが存在しなくても失敗することはありません。ほとんどの場合は、このオプションをお勧めします。

    • Do not replace existing elements: 生成される VQL は、各エレメントの作成のみを試みます。エレメントが存在する場合、 CREATE コマンドは失敗します。

  • Included elements: CREATE リビジョンの場合、Virtual DataPort エレメントの VQL に含める追加のエレメントを選択できます。

    • Include server properties: これを選択した場合、Virtual DataPort サーバーの変更可能なプロパティが、生成される VQL に追加されます。

    • Include web container properties: これを選択した場合、変更可能な tomcat プロパティが、生成される VQL に追加されます。

    • Include extensions and libraries: これを選択した場合、リビジョン内のエレメントの依存関係である拡張機能やライブラリ (JAR 内のカスタム関数、JDBC ドライバーなど) も、生成される VQL に追加されます。

    • Include statistics: これを選択すると、リビジョン内のエレメントの計算済みの統計情報が、生成される VQL に追加されます。

    • Include VDP dependencies: これを選択すると、選択されたエレメントと、それらのエレメントが依存するエレメント (基盤となるビュー、データソースなど) がリビジョンに含められます。たとえば、このオプションと派生ビューを選択した場合、このビューの再作成に必要なエレメント (他のビュー、基本ビュー、データソースなど) もすべてリビジョンに含められます。

      このオプションは、ユーザー、ロール、または Scheduler のジョブには適用されません。

    • Include users and privileges: これを選択すると、選択された Virtual DataPort エレメントの権限がリビジョンに含められます。生成される VQL には、以下のことに必要なステートメントが含められます。

      • 選択されたエレメントの所有者またはそれらに対する権限が付与されているユーザーとロールを作成または置換する。

      • 作成したユーザーまたはロールに、エクスポートされたエレメントに対する権限を付与する。

      このオプションは、すべての「Users」と「Roles」を選択します。

    注釈

    このオプションを使用するには、リビジョンを作成するユーザーが、グローバル管理者、または選択されたエレメントを含む Virtual DataPort データベースの管理者である必要があります。それ以外の場合、リビジョンにユーザー、ロール、およびそれらの権限を作成するためのメタデータは含められません。

その他のオプション

Virtual DataPort のプロパティ では、VQL 内の特定のエレメント (データソース、ユーザーなど) に関する情報をパラメーター化できます。たとえば、各環境 (開発、テスト、本番など) で、JDBC データソースから異なるデータベースを参照したり、XML データソースから異なるファイルを参照したりできます。JDBC 基本ビューは特殊なケースで、 カタログ および スキーマ をプロパティとしてエクスポートするかどうかを構成できます。

[Additional Options] セクションでは、[Include environment properties for catalog and schema names in JDBC base views] オプションを指定できます。JDBC データソースのカタログとスキーマのいずれかまたは両方の名前が、ソース環境とターゲット環境とで異なる場合に、このチェックボックスをチェックします。以下の VQL で示しているように、生成される VQL には、プロパティとしてパラメーター化された スキーマカタログ の情報が含められます。

CREATE OR REPLACE WRAPPER JDBC jdbcviewtest
DATASOURCENAME=test_ds
CATALOGNAME='${databases.admin.views.jdbc.jdbcviewtest.CATALOGNAME}'
SCHEMANAME='${databases.admin.views.jdbc.jdbcviewtest.SCHEMANAME}'
RELATIONNAME='jdbcviewtest'
OUTPUTSCHEMA (
    id_field = 'id_field' :'java.lang.Integer' SORTABLE
);

この VQL には、 CATALOGNAME および SCHEMANAME の値がプロパティとして追加されています。この場合、リビジョンに含まれる JDBC 基本ビューごとに、対応するプロパティをターゲット環境に登録して、デプロイ時に各プロパティが対応する値に置き換わるようにする必要があります。

ソース環境とターゲット環境でカタログとスキーマを共有している場合は、このチェックボックスのチェックをはずします 。リビジョンに対して生成される VQL には、プロパティとしてではなく、 スキーマカタログ の値がそのまま含められます。

リビジョンのエレメント候補

Virtual DataPort サーバーと、必要に応じて Scheduler サーバーを選択した後は、[Revision Elements] ピルに移動し、リビジョンに含めるすべてのエレメントとジョブを選択できます。

Solution Manager Administration Tool によって、[Selected elements] というタイトルの下に、選択可能なエレメント候補が以下の順序ですべて表示されます。

yes Virtual DataPort データベース。

yes アソシエーション。

yes Scheduler のジョブ。リビジョンで考慮されるジョブタイプは、 VDPVDP Cache 、および VDP Indexer です。

yes ユーザー。デフォルトのユーザーは無視されます。

yes ロール。デフォルトのロールは無視されます。

注釈

ユーザーと権限は、リビジョンの作成に使用されたユーザーが、Virtual DataPort エレメントを含む仮想データベースで管理権限を持っている場合に のみ VQL に含めることができます。

重要

リビジョンにユーザーまたはロールおよび VDP エレメントが含まれている場合、リビジョンには、その VDP エレメントに対するそのユーザーまたはロールの付与権限が含められます。 Include users and privileges オプションでは、すべての「Users」と「Roles」が自動的に選択されます。

以下のタイプのエレメントは、リビジョンのエレメント候補のツリーに含まれません。

no Resource Manager のプランとルール。

no ウィジェット。

no JMS リスナー。

Resource Manager のルールとプランをリビジョンに含めることはできません。これは、各環境のサーバーに独自のルールとプランを設定する必要があるからです。

Revision candidate elements example

リビジョンのエレメント候補の例

更新ボタン refresh-btn をクリックすると、メタデータソースを再検査できます。

重要

エレメントとジョブの候補のリストは、サーバーに接続するユーザーが持つアクセス許可によって異なります。 サーバーの定義 のダイアログで、リビジョンの作成に使用するユーザーを、サーバーメタデータに定義されているユーザーと、Solution Manager にログインしているユーザーのどちらにするかを選択できることに留意してください。

注釈

サーバーは、リビジョン作成用の特別なユーザーとパスワードを使用するように作成されている場合を除き、現在のユーザーが使用するのと同じ 認証 方法をサポートしている必要があります。デフォルトでは、接続はパススルーを使用して確立されるためです。たとえば、ユーザーが外部 ID プロバイダーを使用するシングルサインオン (OAuth、OpenID Connect、SAML) でログインしている場合、サーバーではトークン認証が構成されている必要があります。詳細については、「 Denodo セキュリティトークンを有効にする方法 」を参照してください。

Virtual DataPort データベース

エレメント候補のリストでは、Virtual DataPort データベースの内容はデフォルトで非表示になっています。データベースに含まれるエレメントをすべて表示するには、対応する矢印をクリックして、データベースを展開する必要があります。

Revision database elements example

リビジョンのデータベースエレメントの例

Solution Manager Administration Tool では、データベースに属している一部のエレメントは表示されません。現在、リビジョンでサポートされているエレメントは次のとおりです。

  • データベース構成: このオプションを選択すると、リビジョンの VQL に特定のデータベース構成を含めることができます。このオプションは、Virtual DataPort サーバーへの接続に使用されるユーザーが dbadmin 権限を持っているデータベースの CREATE リビジョンの場合にのみ表示されます。このオプションが選択可能な場合、データベース内の最初のエレメントとして表示されます (Include database configuration ノード)。

  • データソース。

  • フォルダー。

  • ユーザー定義のストアドプロシージャ。

  • ビュー。

  • Web サービス。 CREATE リビジョンの場合、Web サービス候補のリストでは、実際にデプロイされている Web サービスのみが考慮されます。 DROP リビジョンの場合は、すべての Web サービスが表示されます。また、個々の操作やリソースを選択できます。

Scheduler のジョブ

Scheduler jobs ノードを展開すると、選択可能なジョブを表示できます。これらは、そのプロジェクトおよびタイプに従って整理されています。

Scheduler jobs example

Scheduler のジョブの例

Scheduler のジョブを CREATE タイプのリビジョンに追加する場合、Solution Manager がそのリビジョンをデプロイする際にこのジョブを実行するかどうかを選択できます。

このリビジョンのデプロイ時にジョブを実行するには、ジョブを右クリックして、[Execute job when revision is deployed] をクリックします。

Option "Execute job when revision is deployed"

[Execute job when revision is deployed] オプション

リビジョンのデプロイ時に実行するジョブの横には、緑のアイコンが付きます (以下を参照)。

Scheduler job marked to execute

実行対象のマークが付いている Scheduler のジョブ

デプロイ時にジョブを 実行しない ためには、ジョブを右クリックして、[Do not execute job when revision is deployed] をクリックします。

デフォルトでは、VDP ジョブと VDP Cache ジョブに実行対象のマークは 付いていません が、手動でマークを付けることができます。

デプロイ時に VDPIndexer ジョブを実行することはできません

エレメントの依存関係ツリー

リビジョンで選択したエレメントに別のエレメントとの依存関係があり、その依存先のエレメントもリビジョンに含めたい場合があります。たとえば、1 つのビューが他のビューやデータソースに依存している場合があります。Solution Manager Administration Tool を使用すると、エレメント候補の依存関係を確認できます。[Selected elements] ツリーで、依存関係を確認したいエレメントをクリックすると、[Dependencies tree] というタイトルの下にその依存関係が階層ビューで表示されます。[Dependencies tree] でエレメントを選択すると、それらのエレメントは [Selected elements] ツリーで自動的に選択されます。選択したエレメントが、まだ内容が読み込まれていないデータベースに属している場合、そのデータベースの内容が読み込まれ、エレメントが選択されます。

注釈

[Include VDP dependencies] を選択した場合、依存関係ツリーに表示されている VDP エレメントは無効になります。ユーザー、ロール、および Scheduler のジョブが無効になることはありません。

以下のエレメントの依存関係を確認することができます。

  • Scheduler のジョブ。 VDP Cache ジョブのビューを表示できます。

    Scheduler cache jobs dependencies

    Scheduler のキャッシュジョブの依存関係

  • ビュー。ビューの依存関係としては、他のビュー、データソース、ストアドプロシージャ、およびビューがエンドポイントとして参加しているアソシエーションがあります。また、Scheduler のジョブがビューに依存している場合、依存関係ツリーには、そのジョブも表示されます。

    View dependencies

    ビューの依存関係

  • Web サービス操作。Web サービス操作の依存関係としては、別のビュー、データソース、ストアドプロシージャ、および公開ビューがエンドポイントとして参加しているアソシエーションがあります。

    Webservice operation dependencies

    Web サービス操作の依存関係

  • アソシエーション。アソシエーションの依存関係としては、エンドポイントのビューおよびそれらのビューの依存関係があります。

    Association dependencies

    アソシエーションの依存関係

  • ユーザー。ユーザーのロールを依存関係と見なすことができます。事前定義のロールは無視されることに留意してください。

    User dependencies

    ユーザーの依存関係