デプロイに関する考慮事項

注釈

グローバル管理者、昇格管理者、および昇格ユーザーのみがリビジョンをデプロイできます。詳細については、「 認可 」を参照してください。

Solution Manager のデプロイ時には、キャッシュに関する以下の点に留意してください。

  • クラスターレベルで Virtual DataPort のプロパティを定義することはできません。 複数クラスター環境のキャッシュデータソース の場合、 キャッシュを手動で構成する 必要があります。このような制限があるため、 CREATE リビジョンにはキャッシュデータソースを含めないでください。キャッシュデータソースを含めると、デプロイプロセス中にすべてのクラスターのキャッシュ構成が上書きされ、いずれかのクラスターのステータスが不整合になる可能性があります。キャッシュデータソースを含めたリビジョンをデプロイしようとすると、Solution Manager によって以下の警告メッセージが表示されます。

Warning message when deploying revisions with cache data source a in multi-cluster environment

複数クラスター環境に、キャッシュデータソースが含まれるリビジョンをデプロイする際に表示される警告メッセージ

  • リビジョンに Scheduler VDP Cache ジョブが含まれている場合、Solution Manager では、各クラスターの最初の Virtual DataPort サーバーに VQL の変更がデプロイされた後、これらのジョブが実行される場合があります (スワップキャッシュが構成されている場合、またはジョブが実行対象に指定されている場合)。Virtual DataPort クラスターが共有キャッシュを使用しない場合、Solution Manager は各 Virtual DataPort サーバーのキャッシュを適切に更新しない場合があります。したがって、共有キャッシュを持たない Virtual DataPort クラスターでは、Solution Manager ではなく、Scheduler Web ツールまたは Scheduler API を使用してキャッシュを更新する必要があります。

  • キャッシュ切り替えプロセス (単一クラスターを含みキャッシュ切り替えが有効になっている環境へのデプロイの場合) は、 グローバルキャッシュでのみ機能します (特定のデータベースに定義されているキャッシュでは機能しません)。

  • サマリー を含むリビジョンをデプロイできます。サマリーがすでに存在し、基盤となるスキーマに変更がない場合、サマリーの高速化は有効です。それに対して、 ターゲット環境にサマリーが存在しないか、基盤となるスキーマが変更されている場合、サマリーは再作成されますが、クエリオプティマイザーはサマリーが更新されるまでサマリーを使用しません 。サマリーの更新を自動化するためには、Denodo Scheduler を使用して、 サマリーの更新 を実行するパラメーター化されたクエリを含む VDP ジョブを作成します。