権限の昇格

CREATE リビジョンにユーザーまたはロールが含まれる場合、そのリビジョンには、リビジョン内の VDP エレメントに対してのみ付与権限が追加されます。

したがって、VDP エレメント (データソース、ビュー、Web サービスなど) に対する権限を別の環境へと昇格させるには、ターゲット環境に存在する VDP エレメント、およびすべてのユーザーとロールを選択してリビジョンを作成する必要があります。

注釈

ユーザー、ロール、権限は、リビジョンの作成に使用されたユーザーが、Virtual DataPort エレメントを含む仮想データベースで管理権限を持っている場合に のみ 、VQL に含めることができます。

このようなリビジョンをデプロイすると、選択されたユーザーとロールにターゲット環境の VDP エレメントに対する権限が付与されます。ユーザー/ロールおよび権限を含めてリビジョンをデプロイすると、ユーザーやロールが削除されることはありません。

  • ユーザーやロールは、ターゲット環境に存在しない場合は作成されます。

  • ユーザーやロールは、ターゲット環境にすでに存在する場合は更新されます。

DROP リビジョンは、VDP エレメントに対するユーザーやロールの権限の取り消しを許可しません。このリビジョンに含まれるユーザー、ロール、VDP エレメントは、デプロイ時に削除されます。