標準クラスターの作成

注釈

グローバル管理者および Solution Manager 管理者のみがクラスターを作成できます。詳細については、「 認可 」を参照してください。

Solution Manager 管理者は以下の複数の方法でクラスターを作成できます。

  1. 環境ノード environment_node をクリックして、表示されるメニューで new-cluster-text-btn を選択します。

    Create new cluster from environment

    環境からの新規クラスターの作成

  2. 環境を作成する際に、Solution Manager Administration Tool によって新しいクラスターを作成するよう提案されます。この提案を受け入れます。

    Suggestion for creating a cluster

    クラスター作成の提案

使用する方法にかかわらず、新しいクラスターを作成する場合は常に次のダイアログが開きます。

Dialog to create a standard cluster

標準クラスターを作成するためのダイアログ

クラスターの定義の一環として、このダイアログでは、以下のフィールドが考慮されます。

  • Name: クラスターの内容を示す名前。

  • Description: クラスターの詳細な説明。このフィールドはオプションです。

  • Enabled: クラスターを有効/無効にします。無効化されたクラスターは、デプロイの操作では無視されます。

[Configuration of the My Applications Panel] セクションで、ロードバランサーを使用してパネルから各サーバーにアクセスできるようにする場合、それぞれのサーバーに対して以下の値を構成することもできます。

  • Design Studio URL: クラスターの [My Applications] に表示される Design Studio の URL。

  • VDP Server Load Balancer URL: クラスターの [My Applications] に表示される Virtual DataPort サーバーロードバランサーの URL。

  • Scheduler Administration Tool URL: クラスターの [My Applications] に表示される Scheduler Administration Tool ロードバランサーの URL。

  • Scheduler Server Load Balancer URL: クラスターの [My Applications] に表示される Scheduler サーバーロードバランサーの URL。

  • Data Catalog Load Balancer URL: クラスターの [My Applications] に表示される Data Catalog ロードバランサーの URL。

    無効になっているクラスターは、環境のツリーでグレー表示されます。