Solution Manager のモジュールで使用されるデフォルトのポート

以下の表は、Solution Manager の各モジュールが接続のために利用する TCP/IP ポートを示しています。

以下の点に留意してください。

  • これらのポートは空きポート (他のアプリケーションによって使用されていないポート) である必要があります。

  • Solution Manager がファイアウォールの背後にある場合は、適切なポートを開いてください (この表の下にあるリストを参照してください)。

  • 以下に示しているものは、デフォルトのポート番号です。これらの番号は、インストールプロセス中に変更することも、後で各モジュールの管理ツールで変更することもできます。

Solution Manager のモジュールによって開かれるデフォルトの TCP/IP ポート番号

サーバー

デフォルトのポート

Solution Manager サーバー

ポート

10090

License Manager

ポート

10091

Virtual DataPort

サーバーポート (Virtual DataPort Administration Tool および JDBC ポート)

19999

ODBC ポート

19996

監視ポート (JMX)

プライマリポート: 19997 (JMX 接続はこのポートを使用して確立されます)

セカンダリポート: 19995

シャットダウンポート (localhost からのみアクセス可能)

19998

Denodo Platform Web コンテナー (Solution Manager Administration Tool および Denodo Security Token Service)

Web コンテナーポート

19090 (HTTP 接続用)

19443 (HTTPS 接続用)

シャットダウンポート (localhost からのみアクセス可能)

19099

監視ポート (JMX)

19098 および 19097

Solution Manager コンポーネントの監視インターフェイスには、JMX が使用されます。この Java テクノロジーで使用される JRMP プロトコルは、内部で使用するエフェメラルポートを開きます。このポートを無効化することはできませんが、クライアントが別のコンピューターから接続を試みると、コネクションは拒否されます。

ファイアウォールで開くポート

Solution Manager がファイアウォールの背後で動作する場合は、ファイアウォールで以下のポートを開いてください。Solution Manager が Windows 上で動作する場合は、Windows ファイルウォールでもこれらのポートを開くことを忘れないでください。

  • 10091: Denodo Platform インストール環境のコンポーネントが License Manager にライセンスを要求できるようにします。

  • 19090: クライアントアプリケーションまたはブラウザーから Web アプリケーションおよび Web サービスへの HTTP 接続を許可するために開きます。

  • 19443: クライアントアプリケーションまたはブラウザーから Web アプリケーションおよび Web サービスへの HTTPS 接続を許可するために開きます。HTTPS はデフォルトでは無効になっていますが、有効にして HTTP の代わりに使用することを強くお勧めします。

また、以下のポートを開くことも検討してください。

  • 19999: Solution Manager に同梱の Virtual DataPort への接続を許可するために開きます。この Virtual DataPort はユーザーの認証/承認にのみ使用され、これらのオプションは Solution Manager Administration Tool (ポート 19090 または 19443 からアクセス可能) から構成できるため、通常はこのポートを開く必要はありません。

  • 19997 および 19995: Solution Manager に同梱の Virtual DataPort を別のコンピューターから監視するために開きます。

  • 19098 および 19097: Denodo の Web コンテナーを別のコンピューターから監視するために開きます。

その他のポートは、ローカルでのみアクセスされるため、ファイアウォールで開く必要はありません。