ハードウェア要件

Solution Manager をインストールするサーバーが以下のハードウェア要件を満たしていることを確認します。

Solution Manager のハードウェア要件

プロセッサー

Intel Xeon クワッドコアまたは同等のプロセッサー。

サポートされるアーキテクチャは x86-64 です。

物理メモリ (RAM)

Solution Manager のコンポーネントが最大 8 ギガバイトのランタイムヒープ領域を割り当てられるように 16 ギガバイトのメモリが必要です。

ディスク領域

最小: 5 ギガバイト

推奨: 10 ギガバイトの空き領域

Solution Manager は、物理マシンと同等のリソースが永続的に割り当てられる場合に限り、特性の似た仮想マシンにインストールできます。

メモリのオーバーコミット を避けることが極めて重要です。つまり、仮想マシンに割り当てるメモリ容量は、物理メモリがサポートする容量である必要があります。十分な物理メモリがないと、ホストオペレーティングシステムは仮想マシンの一部をディスクにスワップしなければなりません。スワップが発生すると、Denodo Solution Manager のパフォーマンスが著しく低下します。


必要な空きディスク容量は、複数の要因によって決まります。

  • Solution Manager の完全インストールでは、初期状態で 1 GB が使用されます。

  • Solution Manager の各モジュールのメタデータはローカルに保存されます。

  • 管理者が作成したリビジョンに使用する領域。

  • 更新プログラムに使用する領域: Denodo は、更新対象のライブラリのバックアップコピーを維持します。

Amazon AWS で Solution Manager を実行する場合の推奨事項

Solution Manager を実行する場合に推奨される Amazon AWS のインスタンスタイプは、下表を参照してください。

推奨インスタンスタイプ

推奨インスタンスタイプ

M タイプの 汎用 インスタンス

本番サーバーの推奨最小要件

4 つの仮想 CPU と 16 GB RAM