「Access Interface」属性の値

Virtual DataPort は、クライアントからの受信コネクションに「access interface」属性を割り当てます。

次の表に、この属性の取り得る値を示します。

「access interface」属性の取り得る値

「access interface」属性の取り得る値

意味

Data-Catalog

Data Catalog。JDBC インターフェイスを使用してクエリを実行しますが、認証プロセスには独自のインターフェイスを使用します。

Diagnostic-Monitoring-Tool

Denodo Diagnostic & Monitoring Tool。

ITP

『ITPilot Developer Guide』で説明されている ITPilot API を使用するクライアント。

JDBC

JDBC クライアント。

サードパーティアプリケーションに加えて、Data Catalog、Diagnostic & Monitoring Tool、および Solution Manager の各 Denodo コンポーネントも JDBC インターフェイスを使用します。これらのコンポーネントは独自のアクセスインターフェイスも備えています。独自のインターフェイスは管理操作を実行するために使用し、JDBC インターフェイスはクエリを実行するために使用します。

JMS

JMS クライアント。

JMX

JMeter、JVisualVM などの JMX クライアント。

ODATA

Denodo の OData サービス。

ODBC

ODBC クライアント。

PORTLET

Denodo で公開される Portlet JSR-168 または JSR-286。

SCHED

Denodo Scheduler。JDBC インターフェイスを使用してクエリを実行しますが、認証プロセスには独自のインターフェイスを使用します。

Solution-Manager

Solution Manager。JDBC インターフェイスを使用してクエリを実行しますが、認証プロセスには独自のインターフェイスを使用します。

VDP

Virtual DataPort のスクリプトである ping、export、import のいずれかによって実行されるクエリ。

VDP-AdminTool

Virtual DataPort Administration Tool。

WS-REST

Denodo から公開される REST Web サービス。

WS-REST-Generic

Denodo のグローバル RESTful Web サービス。つまり、http://localhost:9090/denodo-restfulws からアクセスするサービス。

WS-SOAP

Denodo から公開される SOAP Web サービス。