Oracle

Oracle API を使用してデータ一括読み込みを実行するには、まず以下の手順を実行します。

  1. Oracle データベースでダイレクトパスロードを有効にします。ダイレクトパスロードを使用できるようにするには、Oracle のセットアップスクリプト catldr.sql を Oracle 管理者が実行する必要があります。これによって、ダイレクトパスロードの実行に必要なビューが Oracle に作成されます。このスクリプトは、ダイレクトパスロードを実行する Oracle インストール環境ごとに 1 回だけ実行すれば済みます。

    ダイレクトパスロード の機能については、Oracle のマニュアルを参照してください。

    重要

    データベースでこの機能を有効にできない場合、以下の手順を 続行しないでください 。Virtual DataPort でデータ一括読み込みを有効にしていても、Oracle でダイレクトパスロードが有効になっていないと、Oracle に通常の方法 (INSERT ステートメントの実行) でデータを挿入する場合よりもパフォーマンスが大幅に低下します。

  2. Oracle Database Client パッケージを以下の URL からダウンロードします (データベース全体のインストーラーをダウンロードする必要はありません)。

    Oracle 19c またはそれ以前のバージョンの場合:

    1. Denodo サーバーが Windows で実行されている場合: Instant Client Downloads for Microsoft Windows (x64) 64-bit

    2. Denodo サーバーが Linux で実行されている場合: Instant Client Downloads for Linux x86-64 (64-bit)

  3. Virtual DataPort サーバーを実行しているホストに、このパッケージをインストールします。

    インストールする際、インストールタイプとして [Administrator] を選択します。このインストールタイプであれば、データ一括読み込みに必要な sqlldr プログラムがインストールされるからです。

    インストーラーのオプションは、デフォルト設定で問題ありません。

  4. JDBC データソースを編集して、[Read & Write] タブをクリックします。[Use bulk data load APIs] をチェックして、[Sqlldr executable location] ボックスに sqlldr ファイルへのパスを入力します。このファイルは、Oracle Database Client のインストール先にあります。