環境に依存するエレメントと依存しないエレメントを別々のファイルにエクスポートする

注釈

ここでは、export スクリプトのパラメーター --property includeEnvSpecificElements とパラメーター --property includeNonEnvSpecificElements=yes について説明します。これらは非推奨であり、Denodo Platform の今後のリリースでは使用できない可能性があります。

これらは、Denodo 5.5 で追加された、環境に依存する新しいタイプのエレメントのエクスポートには使用できません。たとえば、入力パラメーターがルートであるカスタムラッパーは、環境に依存するエレメントですが、 --property includeEnvSpecificElements=yes を使用してもスクリプトの出力には含まれません。

Virtual DataPort では、サーバーが動作する環境に依存するエレメントを 1 つのファイルにエクスポートして、環境に依存しないエレメントを別のファイルにエクスポートすることができます。次に、インポートする前に、1 つめのファイルのパラメーターの値を編集して、ターゲット環境の構成に合わせることができます。その後、2 つめのファイルを何も変更しないでインポートできます。

環境に依存すると見なされるエレメント (export スクリプトと import スクリプトで --property includeEnvSpecificElements=yes オプションを指定) は以下のとおりです。

  • サーバー設定。これには、以下のアイテムの設定が含まれます (Administration Tool の [Administration] メニュー > [Server configuration] のウィザードで変更できる設定)。

    • キャッシュエンジン

    • 同時リクエスト

    • デフォルト I18n

    • HTTP プロキシ

    • メモリ使用量

    • サーバーコネクション

    • ストアドプロシージャ

    • スレッドプール

  • Virtual DataPort サーバーと Denodo Web コンテナーの JVM 設定 (ITPilot または Scheduler の JVM 設定ではない)。これらの設定は、Denodo Platform Control Center の [Configuration] ダイアログ> [JVM Options] で変更できます。

    これらの設定がインポートされた場合、サーバーは、インポートされた値を使用するように以下のスクリプトを再生成します。

    <DENODO_HOME>/bin/vqlserver
    <DENODO_HOME>/bin/vqlserver_startup.l4j.ini
    <DENODO_HOME>/bin/vqlserver_itpilot_startup.l4j.ini
    <DENODO_HOME>/conf/vdp/server.conf
    <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/bin/catalina
    
  • ユーザー。ただし、その権限は含まれません。権限は環境に依存しないと見なされます。

  • ロール。ただし、その権限は含まれません。権限は環境に依存しないと見なされます。

  • JMS リスナー

  • データベースの作成と構成

  • フォルダー

  • データソース。カスタムデータソース (別名カスタムラッパー) が含まれます。

  • ITPilot Wrapper

  • I18n マップ: 環境に依存する他のエレメント (データベースと ITPilot Wrapper) によって参照される I18n マップのみ。

  • Jar: 環境に依存する他のエレメントによって参照される Jar のみであり、Jar を処理するオプションを使用している場合。つまり、Administration Tool から [Include Jars] オプションをチェックしてエクスポートするか、 export スクリプトまたは import スクリプトで -P includeJars=yes オプションを使用する場合。

環境に依存しないと見なされるエレメント (export スクリプトと import スクリプトで --property includeNonEnvSpecificElements=yes オプションを指定) は以下のとおりです。

  • ユーザーに割り当てられている権限。ユーザーの作成は環境に依存すると見なされますが、それらの権限は環境に依存しないと見なされます。

  • ロールに割り当てられている権限。ロールの作成は環境に依存すると見なされますが、それらの権限は環境に依存しないと見なされます。

  • フォルダー

  • ITPilot Wrapper 以外のラッパー。ITPilot Wrapper は環境に依存すると見なされます。

  • ビュー (基本ビューと派生ビュー)

  • Denodo のストアドプロシージャ

  • Web サービス: Web サービスの作成および必要な場合はそれらをデプロイするための情報が含まれます。

  • ウィジェットの作成: ウィジェットの作成および必要な場合はそれらの補助 Web サービスをデプロイするための情報が含まれます。

  • Jar: 環境に依存しない他のエレメントによって参照される Jar のみであり、Jar を処理するオプションを使用している場合。つまり、Administration Tool から [Include Jars] オプションをチェックしてエクスポートするか、 export スクリプトまたは import スクリプトで -P includeJars=yes オプションを使用する場合。

  • simple マップ

  • I18n マップ: 環境に依存しない他のエレメント (ビュー、Web サービス、ウィジェットなど) によって参照される I18n マップのみ。