JMS リスナーの作成

JMS リスナーを作成するには、以下の手順に従って実行してください。

  1. この Denodo サーバーで初めて JMS リスナーを作成する場合、使用する JMS サーバーのクライアント jar をインストールします。その手順については、『インストールガイド』の「 JMS コネクターをインストールしての、SOAP Over JMS を使用する JMS リスナーと Web サービスの作成 」を参照してください。

  2. [File] > [New] メニューで [JMS Listener] をクリックするか、[Server Explorer] で右クリックして [New] メニューで [JMS Listener] をクリックします。

  3. [On] をクリックして、リスナーを有効にします。[Off] をクリックした場合、リスナーは作成されますが、無効になります。

  4. [VDP user name] で、リスナーが受信したクエリを Virtual DataPort が実行する場合に使用する VDP ユーザー名を選択します。選択するユーザーは、ローカルユーザーであり、Virtual DataPort で作成されたユーザーである必要があります。このリストで選択できるユーザーのタイプの詳細については、「 必要な権限 」を参照してください。

    たとえば、以下の 2 つのユーザーが存在するとします。

    1. admin: データベースの「管理者」であるユーザーまたはデータベースの「ローカル管理者」に昇格したユーザー。データベースの任意のビューにアクセスできます。

    2. user1: このデータベースに対する EXECUTE 権限のみを持つ「一般ユーザー」。

      ユーザー admin を選択した場合、リスナーは任意のクエリを実行できます。しかし、user1 を選択した場合は、 CREATEDROPINSERTUPDATE 、および DELETE の各クエリは失敗します。なぜなら、user1 が持っているのは EXECUTE 権限のみだからです。

  5. パラメータ化されたクエリを使用する場合、[JMS messages contain the value of...] チェックボックスをチェックして、その下のボックスにクエリを入力します。

    すでに説明したように、このオプションを使用すると、文字列 @JMSEXPRESSION は実行時に JMS サーバーから受信した値で置き換えられます。

  6. リスナーの出力を XML ドキュメントまたは JSON ドキュメントにする場合、[Output] でそれぞれ [XML] または [JSON] を選択します。

  7. [Destination] は、Virtual DataPort がサブスクライブしてリクエストを待機する、キューまたはトピックの名前です。

    JMS のサブスクライブ先は、リスナーがサブスクライブしようとしたときに自動的に作成されますが、JMS サーバーのベンダーによってはユーザーが作成する必要があります。

  8. [Queue] または [Topic] を選択します。

  9. [Reply to] は、応答が送信される JMS キューまたはトピックの名前です。

    宛先が設定されている場合、JMS メッセージに [Reply to] フィールドが含まれていても、応答は常にこの宛先に送信されます。

    宛先が設定されていない場合、応答は、JMS リクエストの [Reply to] フィールドで指定されている宛先に送信されます。JMS リクエストにもこのフィールドが存在しない場合、サーバーは応答を送信しません。

    [Ignore reply to] がチェックされている場合、リスナーは応答を送信しません。

  10. [User name] と [Password] は、JMS サーバーに接続するための資格情報です。

  11. [JMS vendor] では、JMS サーバーのベンダーがリストになく、JNDI 経由でアクセス可能な場合、[Generic] を選択します。この場合、適切な JNDI コネクションプロパティを指定する必要があります (広く使われている JMS ベンダーの必須 JNDI プロパティのリストについては、付録「 JMS コネクションの詳細: JNDI プロパティ 」を参照)。

  12. [Metadata] タブでは、JMS リスナーの格納先フォルダと説明を設定できます。

Creating a new JMS listener

新しい JMS リスナーの作成

注釈

現在は Design Studio で [JMS Listeners] ダイアログを使用できませんが、今後の更新で現在のオプションを拡張して段階的に追加する予定です。

リスナーを作成したら、[JMS Listener Status] ダイアログ ([Tools] > [JMS Listeners] メニュー) を開いて、既存の JMS リスナーのリストを表示できます。

List of existing JMS listeners

既存の JMS リスナーのリスト

JMS リスナーの名前の横にあるチェックボックスをチェックして、[Enabled selected] または [Disable selected] をクリックすることで、そのリスナーを有効または無効にできます。

リスナーを削除するには、[Server Explorer] でリスナーを右クリックして [Drop] をクリックします。