必要な権限

JMS リスナーの作成と管理を行うには、以下の権限が必要です。

  • JMS リスナーの作成: リスナーを作成するデータベースの Create data service 権限。

  • JMS リスナーの変更、JMS リスナーの削除、JMS リスナーの VQL の取得: 管理者またはリスナーを作成するデータベースの管理者か、リスナーの所有者であること。

リスナーの構成では、[VDP user name] を選択する必要があります。これは、リスナーが受信したクエリを実行する際に Virtual DataPort が使用するユーザーアカウントです。選択可能なユーザーアカウントは、所有する権限によって以下のように変わります。

  • 管理者は、Virtual DataPort で作成された任意のユーザーアカウントを選択できます。外部アカウントは選択できません。つまり、外部の ID プロバイダー (Active Directory や Okta など) にのみ存在するアカウントは選択できません。

  • リスナーのデータベースの管理者は、Virtual DataPort で作成されたユーザーアカウントのうち、リスナーのデータベースに対する Connect 権限を付与されたアカウントを選択できます。外部アカウントは選択できません。

  • 上記以外のユーザーが選択できるのは自分だけです。