カタログアクセス (DDL ステートメント) に関する情報とイベント

CatalogManagementInfo MBean は、サーバーによって処理されるデータ定義言語 (DDL) ステートメントに関する情報を提供します。これらの MBean は com.denodo.vdb.management.mbeans > CatalogManagementInfo > データベース名 にあります。

注釈

この MBean は、非推奨であり、デフォルトで無効になっています。有効にするには、管理者でログインして、以下のコマンドを実行してから Virtual DataPort を再起動します。

SET 'com.denodo.vdb.management.server.manager.legacyTransactionsMBean'='true';

非推奨のすべての機能のリストについては、「 Denodo Platform 8.0 で非推奨となった機能 」のセクションを参照してください。

このタイプの MBean には DatabaseName 属性があり、データベースの名前を示します。

これらの MBean をサブスクライブして、以下のイベントのいずれかが発生するたびに通知を受け取ることができます。

  • データベースのメタデータに影響するステートメントをサーバーが処理したとき (新しいビューの作成、ビューの定義の変更、ユーザーの権限の変更など)

  • トランザクションが開始したとき

  • トランザクションが終了したとき

各通知には以下のフィールドがあります。

  • Timestamp: JMX サーバーでステートメントの通知が生成された日時。

  • Type: トランザクションのタイプ。トランザクションの開始 (startTransaction)、トランザクションの終了 (endTransaction)、または DDL ステートメントの実行 (newEvent)。

  • UserData: 複合エレメント。通知のタイプに応じて、以下のサブプロパティがあります。

    • ステートメントの実行:

      • DatabaseName: ステートメントが実行される Virtual DataPort データベースの名前。

      • EventID: Virtual DataPort によって生成された通知の ID。

      • Time: ステートメントが実行された日時。

      • TransactionID: ステートメントが実行されたトランザクションの ID。

      • Type: 実行された操作の名前。

      • UserName: ステートメントを実行したユーザーの ID。

      • VQLQuery: ステートメントの VQL コード。

    • トランザクションの開始:

      • Autostarted: トランザクションがユーザーによって明示的に開始されたかどうかを示します。

      • DatabaseName: トランザクションが開始されたデータベースの名前。

      • EventID: この通知の ID。

      • Time: トランザクションが開始された日時。

      • TransactionID: 開始トランザクションに割り当てられている ID。

      • UserName: トランザクションを開始したユーザーの ID。

    • トランザクションの終了:

      • DatabaseName: トランザクションが実行されるデータベースの名前。

      • EventID: この通知の ID。

      • Status: トランザクションの完了ステータス (COMMIT または ROLLBACK)。

      • Time: トランザクションが完了した日時。

      • TransactionID: 終了トランザクションに割り当てられている ID。

      • UserName: トランザクションを実行したユーザーの ID。

  • SeqNum: この通知の ID。

  • Message:

    • ステートメントの実行の通知の場合: Processed the <event eventId> in transaction <transactionId>

    • トランザクションの開始の通知の場合: Started the transaction <transactionId>

    • トランザクションの終了の通知の場合: Finished the transaction <transactionId>

  • Event: 次のような値になります。

    javax.management.Notification[com.denodo.vdb.management.mbeans:type=CatalogManagementInfo,databaseName=<dbName>][type=<eventType>][message=<eventmessage>],
    

    ここで、 <dbName> は Virtual DataPort データベースの名前、 <eventType>startTransactionendTransaction 、または newEvent のいずれかの値で、 <eventmessage>Message プロパティと同じ値を取ります。

  • Source: MBean の名前。