サマリの自動推奨

分析にスマートクエリアクセラレーションを最大限活用するには、適切なサマリの組み合わせを選ぶことが重要です。しかし、手動でサマリを定義することは難しい場合もあります。そこで役に立つのが Denodo Platform 用の AI & レコメンデーション フューチャー パック に含まれる サマリ推奨 ツールであり、作業の難易度を大幅に低下させることが可能です。このツールは実際のクエリの情報を分析して自動的にサマリを提案し、作業時間を短縮します。

プロセスのセットアップの概要

このプロセスは 3 つのフェーズに分かれます。

  1. 最適化する環境の監視: 目的は本番サーバーで実行されているクエリから有用な情報を生成することです。必要な情報を集めるには、Solution Manager の 監視 機能を使用しますが、このとき「Query blocks」モニターを必ず選択してください。手順の詳細については、「 サマリ推奨を目的とした環境監視の方法 」を参照してください。

../../../../../_images/summary-recommendations-sm-queryblocks.png
../../../../../_images/summary-recommendations-sm-start.png
  1. Virtual DataPort サーバーがログを利用できるようにする (サマリ推奨 ツールの初回実行時のみ): サマリ推奨ツールの起動に使用する Virtual DataPort サーバーに VQL summary_recommendations_db.vql をインポートします。ファイルは Denodo Platform のインストール先の /resources/vdp/query_acceleration フォルダに存在します。このテンプレートは i_queryblock_notification インターフェイスと i_request_notification インターフェイスが含まれる「query_acceleration」データベースを作成するものです。なお、「Queries」モニターと「Query blocks」モニターの情報にそれぞれアクセスできるように、実装内容を修正してください。この手順の詳細については、「 VDP サーバーに対するログ情報の提供 」を参照してください。

  2. 推奨の生成: Administration Tool から [Tools] -> [Query optimizations] -> [Summary Recommendations] に移動します。検討対象のクエリの日付範囲を選択し、[Generate recommendations] をクリックしてください。この手順の詳細については、「 サマリ推奨ツールの実行 」を参照してください。

    ../../../../../_images/summary-recommendations-parameters.png

以降のセクションでは、各手順の詳細を解説します。

注釈

この機能を使用するには AI & レコメンデーション フューチャー パック が必要です。所有しているサブスクリプションバンドルを確認するには、Design Studio または Administration Tool の [About] ダイアログを開きます。