Web サービスの公開

Virtual DataPort では、JDBC インターフェイスまたは ODBC インターフェイスを使用できない外部アプリケーションが Virtual DataPort からデータを取得できるようにするために、ビューを Web サービスとして公開できます。

これらの Web サービスを、Denodo Platform に組み込まれている Web サービスコンテナーにデプロイしたり、 war ファイルを生成してそのファイルを外部の J2EE アプリケーションサーバーにデプロイしたりすることができます。

Virtual DataPort には、以下の 2 種類の Web サービスがあります。

注釈

現在、Design Studio では「SOAP Web サービス」はサポートされていませんが、今後の更新で現在のオプションを拡張して段階的に追加する予定です。

  • SOAP Web サービス (Simple Object Access Protocol - SOAP - version 1.1): 一連の操作を公開します。サービスを呼び出すと、ビューまたは Denodo ストアドプロシージャに対して特定の VQL クエリを実行します。

  • REST Web サービス: 一連のビューとアソシエーションを公開します。REST Web サービスでは、これらのビューに対する操作を定義しません。代わりに、このサービスは Denodo RESTful Web サービスと同じ RESTful アプローチに従います (「 RESTful Web サービス 」を参照)。

    SOAP Web サービスとの主な違いは、REST Web サービスが「リソース指向」であるのに対して、SOAP Web サービスは「操作指向」であることです。

    これらの Web サービスは、以下の 4 つの異なるデータ表現を提供します。

ここでは、SOAP および REST Web サービスを作成およびデプロイする方法について説明します。

どちらの種類でも、ユーザーの資格情報を検証するために複数の認証方法が提供されています (「 Web サービスの認証 」を参照)。

必要な権限

Web サービス (REST および SOAP) を作成して管理するには、以下の権限が必要です。

  • Web サービス (SOAP および REST) の作成と変更:

    1. Web サービスを作成するデータベースに対する Create data service

    2. サービスが発行するビュー、またはそのデータベースに対する Execute

  • Web サービスのデプロイ、再デプロイ、アンデプロイ: Web サービスのデータベース、または Web サービス自体に対する Write

  • Web サービスの削除: Web サービスのデータベース、または Web サービス自体に対する Write

詳細については、「 Virtual DataPort におけるユーザーおよびアクセス権限 」を参照してください。