SOAP Web サービスの公開

注釈

現在、Design Studio では「SOAP Web サービス」はサポートされていませんが、今後の更新で現在のオプションを拡張して段階的に追加する予定です。

このセクションでは、ビューを SOAP Web サービスとして公開する方法について説明します。Virtual DataPort は、SOAP プロトコルのバージョン 1.1 (Simple Object Access Protocol - SOAP - version 1.1 <https://www.w3.org/TR/2000/NOTE-SOAP-20000508/>_) および WSDL のバージョン 1.1 (Web Services Description Language - WSDL - version 1.1) をサポートしています。

ビューを SOAP Web サービスとして公開するには、[Server Explorer] で、公開するビューまたはストアドプロシージャを右クリックし、[New] > [Data service] メニューで [SOAP Web service] をクリックします。

[Create SOAP Web service] ダイアログには、以下のタブがあります。

  • Operations: Web サービスの操作のリストが表示されます。ビューまたはストアドプロシージャをこのダイアログにドラッグして操作を追加できます。「 [Operations] タブ 」を参照してください。

  • Settings: SOAP Web サービスの構成を管理します。「 [Settings] タブ (SOAP) 」を参照してください。

  • Advanced: Web サービスと Virtual DataPort サーバーの間のコネクションのパラメータおよび他の高度な設定を管理します。「 [Advanced] タブ (SOAP) 」を参照してください。

  • Metadata: Web サービスのターゲットフォルダを選択して、その説明を指定します。

すべてを構成した後、[Save] をクリックして、Web サービスを作成します。既存の Web サービスのリストが表示された [Web Services Container Status] ダイアログが表示されます。ここで、組み込み Web コンテナーに Web サービスをデプロイしたり、war ファイルを生成して外部 Web コンテナーにデプロイしたりすることができます (「 [Web Service Container Status] テーブル 」を参照)。