権限の要件

OData 4 サービスのユーザーには、以下の権限が割り当てられている必要があります。

  • データベースレベル:

    • Connect

  • ビューレベル:

    • Metadata

    • Execute: データベース全体ではなく、その一部のエレメントのみに対する Execute アクセス権がある場合、OData サービスでは、その Execute 権限の対象となるエレメントのみが一覧表示されます。

ユーザーに権限を付与する手順については、「 データベース、ユーザー、ロール、およびそれらのアクセス権限の管理 」を参照してください。