クエリモニター

クエリモニターには、 SELECTCALLCREATE VIEWALTER DATASOURCE JDBCCREATE USER など、Virtual DataPort が現在処理しているあらゆるステートメントが表示されます。

クエリモニターはすべてのユーザーが利用できますが、ユーザーに表示されるクエリは、そのユーザーに付与された権限に応じて異なります。

  • 通常のユーザーには、自身が実行したステートメントのみが表示され、他のユーザーが実行したステートメントは表示されません。

  • データベースの管理者には、そのデータベースで実行されたすべてのクエリが表示されます。

  • 管理者タイプのユーザーと、 serveradmin または monitor_admin のロールを持つユーザーには、すべてのデータベースで実行されているすべてのステートメントが表示されます。

クエリモニターを開くには、[Tools] メニューの [Query Monitor] をクリックします。

Query Monitor

クエリモニター

ダイアログの上部のテーブルに、クエリのリストが表示されます。このテーブルの行を選択すると、そのクエリの実行トレースが表示されます。トレースのノードをクリックすると、処理された行数や状態など、そのノードに関する情報が表示されます。

各パラメータの値を右クリックして [Copy] をクリックすることによって、その値をコピーできます。

現在の実行トレースとビューのツリーを保存するには、[Save] をクリックします。

情報の表示に使用される形式は、実行トレースで使用される形式と同じです (「 ステートメントの実行トレース 」のセクションを参照)。

[Automatically refresh every...] チェックボックスのチェックをはずさない限り、クエリのリストは自動的に更新されます。チェックをはずした場合は、[Update] をクリックして、リストを手動で更新できます。

クエリの実行を停止するには、テーブルでそのクエリの行を選択して [Stop Query] をクリックします。