バージョン管理システムの統合

バージョン管理システム (VCS) の統合によって、ユーザーは、バージョン管理に伴う主なタスク (データベースおよび個々のエレメントのチェックアウト/更新およびチェックイン/コミット) を Administration Tool から実行できるようになります。

VCS のサポートは、ソフトウェアデプロイのライフサイクル (開発、ステージング、本番など) のさまざまな時点や相異なる地理的場所で使用される、Denodo インストール環境のメタデータの管理機能と統合されます。Denodo では、この概念を「環境管理」と呼びます。

VCS 統合を使用する前に、『インストールガイド』の「 VCS クライアントの構成 」で説明しているインストール後のタスクを実行しておく必要があります。

注釈

Denodo Standard では、バージョン管理システムとの統合が無効になっています。詳細については、「 Denodo Standard の制限事項 」を参照してください。

注釈

Design Studio では、VCS のサポートには制限があり、GIT を使用した コミット 操作および プッシュ 操作のみがサポートされます。これら 2 つの操作では、開発者は 共有データベースを使用した集中ワークフロー を利用して Design Studio を操作できます。今後の更新では、現在のオプションが拡張され、 各種シナリオと推奨される使用方法 以外の場面でのサポートが追加される予定です。