Data Catalog のメタデータのインポートとエクスポート

Data Catalog の構成およびメタデータ (カテゴリ、タグ、保存されたクエリなど) を zip ファイルにパックされた JSON ファイルのコレクションとしてエクスポートおよびインポートできます。

注釈

Data Catalog のメタデータのエクスポートやインポートを行うには、 グローバル管理者 として接続するか、 IMPORT / EXPORT 権限を持つユーザーアカウントとして接続する必要があります。

メタデータのエクスポート

メタデータをエクスポートするには、[管理] > [インポート/エクスポート] > [エクスポート] に移動し、[エクスポート] ダイアログを表示します。

Dialog to export Data Catalog's metadata

Data Catalog のメタデータのエクスポートを行うダイアログ

デフォルトでは、Data Catalog に登録された Virtual DataPort サーバーと、以下に示すカタログメタデータをすべてエクスポートします。

  • データベース

  • ビュー

  • Web サービス

  • カテゴリ

  • タグ

  • カスタムプロパティ

  • 保存されたクエリ

  • 使用状況統計

  • 承認、警告、廃止

対応する以下のオプションをチェックすることで、エクスポートの追加設定を選択できます。

  • コンテンツ検索設定

  • パーソナライズ設定

  • Kerberos 設定

  • 権限設定

  • レコメンデーション設定

デフォルトでは、Data Catalog はエクスポートファイルに含まれる機密データを固定のエクスポートキーを使用して暗号化します。これは、すべてのインストール環境でメタデータをインポートできるようにするためです。この構成によってサーバー間の設定の移動が容易になりますが、場合によってはセキュリティリスクとも見なされます。エクスポートキーを変更するには configure_datacatalog_export_key スクリプトを使用してください。この場合、同じエクスポートキーを構成された Data Catalog だけがメタデータをインポートできます。また次の手順によって、特定のエクスポートファイルにカスタムエクスポートキーを指定することも可能です。

  1. [機密データの暗号化にカスタムパスワードを使用] オプションを有効化します。

  2. [カスタムパスワード] フィールドにカスタムエクスポートキーを入力します。

  3. [カスタムパスワード (確認)] フィールドにカスタムエクスポートキーを再度入力します。

このエクスポートファイルをインポートする際には、カスタムエクスポートキーを指定する必要があります。そうでない場合、インポートに失敗します。

メタデータのインポート

メタデータをインポートするには、[管理] > [インポート/エクスポート] > [インポート] に移動し、[インポート] ダイアログを表示します。

Dialog to import Data Catalog's metadata

Data Catalog のメタデータのインポートを行うダイアログ

このダイアログで、エクスポート済みのメタデータファイルをドラッグ & ドロップするか、ドロップ領域をクリックしてファイル選択画面を表示し、ファイルを選択してください。すでに Data Catalog になんらかのメタデータが含まれる場合、[既存のメタデータのオーバーライド] オプションをチェックすることで、既存のメタデータを無効にすることができます。

カスタムエクスポートキーを使用してエクスポートしたファイルの場合は、次の手順に従って実施してください。

  1. [機密データの暗号化にカスタムパスワードを使用] オプションを有効化します。

  2. [カスタムパスワード] フィールドにカスタムエクスポートキーを入力します。

また、次の点に注意してください。

  • Kerberos 設定またはレコメンデーション設定をインポートする場合、[既存のメタデータのオーバーライド] オプションをチェックする必要があります。

  • デフォルトでは、権限設定をインポートすると、エクスポートファイルの権限と Data Catalog の権限がマージされます。[既存のメタデータのオーバーライド] オプションをチェックした場合も権限設定はマージされますが、エクスポートファイルと Data Catalog の両方に存在するロールについてはマージされず置き換えられます。


注釈

または、次の方法でも Data Catalog のメタデータのエクスポートとインポートを行うことができます。機能は前述のものと同じです。

  • <DENODO_HOME>/tools/data-catalog にある import スクリプトと export スクリプトを使用する方法。

  • Data Catalog の REST API を使用する方法。

これらの方法は、環境間での (たとえば、テスト環境から本番環境への) カテゴリとタグの昇格を自動化する際に役立ちます。