パーソナライズ

このセクションでは、このツールのいくつかの要素の構成とパーソナライズを行う方法を説明します。ここで取り上げるトピックは次のとおりです。

これらのパラメーターは、このツールのすべてのユーザーに対してグローバルに適用されます。

ユーザーに表示するエレメント

以下のうち、ユーザーが参照可能なカタログエレメントを指定できます。

  • ビューのみ

  • Web サービスのみ

  • 両方

これは以下のセクションに表示される結果に影響します。

  • データベース の参照

  • 検索 (ユーザーはカタログ内のみを検索でき、メタデータ内は検索できません)

  • 保存されたクエリ (許可されたエレメントから保存されたクエリのみが表示されます)

参照の構成

[Allow users to browse by Databases/Folders] では、ユーザーに対してデータベースおよびフォルダーに基づく参照を可能にするかどうかを選択できます。このオプションを無効にすると、ユーザーは [Databases/Folders] パネルにアクセスできません。この場合、[Hide uncategorized views and web services] を選択して、未分類のビューと Web サービスをユーザーに表示しないようにすることも可能です (未分類のビューと Web サービスは、検索結果にも、 カテゴリタグ に基づく参照時にも表示されません)。

ユーザーインターフェイス

自社のブランドに合わせて、このツールをカスタマイズできます。以下の設定を変更できます。

  • 左上に表示されるロゴ

  • ログインページの背景に表示される画像

  • ウェルカムページの背景に表示される画像

Personalization

パーソナライズ

注釈

アップロード可能な画像の最大サイズは 5 MB です。

通知メッセージ

Data Catalog へのアクセス時にすべてのユーザーに表示する通知メッセージを追加できます。このメッセージはページ上部に表示されます。

これは、ウェルカムメッセージの表示、サービスがメンテナンスのために停止する予定がある場合のユーザーへの通知、免責条項の表示などに使用できます。

Informative Message Set-Up

通知メッセージの設定

メッセージを HTML で入力する場合は、エディターで [Source] をクリックして HTML を入力し、再び [Source] をクリックします。[Source] モードでは、[Save] ボタンは無効になっています。

Informative Message

通知メッセージ

HTML による説明とプロパティの許可

このセクションには、ユーザーが HTML によるプロパティを作成したり、カテゴリ、タグ、データベース、ビュー、Web サービス、グループ、およびプロパティに HTML による説明を追加したりできるようにするオプションがあります。

HTML による入力を許可しない場合、エレメントの説明は常にプレーンテキストとして表示され、HTML 型の既存のプロパティは、Long Text 型に変換されます。また、HTML 型のプロパティの作成はできません。

Allow HTML inputs section

HTML による入力を許可するためのセクション

エクスポート形式の構成

ビューのクエリ および Web サービスのクエリ の結果のエクスポートに関して、管理者は以下を構成できます。

  • 利用可能なエクスポート形式。CSV、HTML、Excel、Tableau (.tde) および Tableau (.hyper) を選択できます (Tableau へのエクスポートを有効化する方法については、 以下 のセクションを参照してください)。デフォルトでは、これらすべての形式が有効になっています。

  • デフォルトで Data Catalog がヘッダー付きのファイルを生成するかどうか。これは、CSV、HTML および Excel のファイルの場合にのみ適用されます。Tableau (.tde および .hyper) をエクスポートする場合は、ファイルには常にヘッダーが入ります。

  • 利用可能な各形式で使用する行の最大数。

  • 利用可能な各エクスポート機能を使用してクエリ結果をエクスポートできるユーザーを、Virtual DataPort で data_catalog_exporter の役割を持つユーザーだけに制限するかどうか。

  • CSV ファイルをエクスポートする場合のデフォルトのフィールド区切り文字。区切り文字として指定できるのは、カンマ、パイプライン、セミコロン、スペース、タブ、およびユーザー定義の区切り文字です。

注釈

二重引用符 (") は、区切り文字に設定できません。

Export Format Configuration

エクスポート形式の構成

Tableau へのエクスポートの有効化

Tableau へのデータエクスポート機能を有効にするには、Denodo Platform がインストールされているホストに、「Tableau Data Extract API」 (.tde 形式に対応) または「Extract API 2.0」 (.hyper 形式に対応) をインストールする必要があります。以下の手順に従って実施してください。

  1. Tableau Data Extract API または Extract API 2.0 の Web サイトにアクセスします。

  2. このページでサインインして、 C/C++/Java 64 ビットバージョン のパッケージをダウンロードします。Denodo サーバーを実行しているオペレーティングシステムに応じて、Windows または Linux を選択してください。

  3. ダウンロードしたファイルを解凍します。

  4. Denodo サーバーが Windows 上で実行されている場合は、ダウンロードしたファイルの bin フォルダー内のファイルを <DENODO_HOME>/jre/bin にコピーします。

  5. Denodo サーバーが Linux 上で実行されている場合は、以下の操作を行います。

    1. ダウンロードしたファイルの bin フォルダー内 (.tde の場合) または bin/hyper フォルダー内 (.hyper の場合) のファイルを、 <DENODO_HOME>/jre/bin にコピーします。

    2. ダウンロードしたファイルの lib64/dataextract フォルダー (.tde の場合) または lib64/tableausdk フォルダー (.hyper の場合) のすべての .so ファイル<DENODO_HOME>/jre/bin にコピーします。Java サブフォルダーのファイルは不要です。一部の Linux ディストリビューションでは、上述の .so ファイル をすべて、Linux ルートフォルダーの /lib ディレクトリにコピーする必要があります。

  6. Data Catalog を再起動します。

データベース、ビューおよび Web サービスのコネクション URI

データベース、ビューおよび Web サービスの詳細ページに [Show Connection URIs] ボタンを表示するかどうかを選択できます。表示することを選択した場合は、以下のパラメーターをカスタマイズできます。

  • Introduction text of the connections panel: デフォルトの前文の代わりに、入力したテキストがパネルに表示されます。

  • URI Patterns: JDBC、ODBC、REST、および OData 経由でサーバーのデータベースにアクセスする方法を記述します。パターン定義では、変数 $vdp_host$vdp_port$odbc_port$user_name$database_name$view_name および $webcontainer_port を使用できます。これらの変数は、URI がユーザーに表示されるときに適切な値に置換されます。

  • ビューページの [Summary] タブに、Tableau データソース接続ボタンを表示するかどうかを構成するオプション。

Connection URIs

コネクション URI

使用状況統計

Data Catalog では、Denodo Virtual DataPort によって収集された使用状況データの分析を通じて、ビューおよび Web サービスの使用状況統計を表示することができます。この機能を利用するには、 準備のための手順 をいくつか実行する必要があります。これについては、このセクションで後述します。

この機能を有効にすると、ビューおよび Web サービスの詳細ページに、使用状況統計を示す 新しいタブ が、(統計の収集および計算後に) 表示されるようになります。

統計の収集の構成手順

ビューおよび Web サービスの詳細ページに [Usage] タブ を表示するには、管理権限を持つユーザーが以下の手順を実行する必要があります。

  1. 要求ログをデータベース (Oracle のテーブルなど) に保存するように Denodo Monitor を構成 します。デフォルトでは、Denodo Monitor はログ情報をファイルに保存します。この設定を、ログファイルではなくデータベースを使用するように変更する必要があります。

    <DENODO_HOME>/tools/monitor/denodo-monitor/conf/ConfigurationParameters.properties を編集します。以下のテキストを見つけて、ファイルの指示に従ってください。

    # ================================================================================
    # Settings to store the output of the Virtual DataPort query monitor in a database
    # ================================================================================
    
  2. Virtual DataPort で以下の手順を実行します。

    注釈

    ライセンスの制限により、Solution Manager に含まれている Virtual DataPort サーバーは使用できません。

    1. denodo_logs という名前のデータベースを作成します。別の名前にすることもできますが、その場合は、手順 4 でインポートする Scheduler プロジェクトのプロパティファイルを変更する必要があります。

    2. Denodo Monitor が要求ログを保存するデータベースを参照する JDBC データソースを作成します。このデータソースがすでに存在する場合、新しいデータソースを作成する必要はありません。

    3. このデータベースの request_notification テーブルの基本ビューを作成します。これは、Denodo Monitor が要求ログを保存するテーブルです。

      この基本ビューの名前は request_notification にする必要があります。各フィールドの名前は変更しないでください。

    4. Virtual DataPort のキャッシュエンジンが 有効化されている ことを確認します。

    5. ファイル <DENODO_HOME>/resources/data-catalog/statistics/usage-statistics.properties を編集して、以下の変更を行います。

      • 末尾が URL のプロパティでは、Data Catalog を参照する必要があります。Data Catalog を実行している Tomcat サーバーがデフォルト以外のポートを接続に利用している場合や、このサーバーが Virtual DataPort から localhost として解決できない場合は、これらのプロパティの変更が必要になることがあります。

      • 末尾が USERPASSWORD 、および PASSWORD.ENCRYPTED のプロパティは、Data Catalog の REST API を呼び出すために使用されるユーザー名とパスワードを示します。デフォルトでは、これらのプロパティは、デフォルトのユーザー admin とそのデフォルトのパスワードを使用するように構成されています。

      • 末尾が TIMEOUT のプロパティは、Data Catalog API の呼び出しのタイムアウト (ミリ秒) を示します。

    6. ファイル <DENODO_HOME>/resources/data-catalog/statistics/usage-statistics.vql を、変更したプロパティファイルとともに 「denodo_logs」データベースに インポートします。

      これにより、新しい [FULL] キャッシュビュー usage_statistics_src と関連オブジェクトが作成されます。

  3. Data Catalog で 使用状況統計 を有効にします。以下の手順に従って実施してください。

    • 使用状況統計を計算する期間 ([Last day]、[Last month]、[All time] のいずれかまたはすべて) を構成します。

    • 使用状況統計の計算対象のエレメント ([User]、[User Agent]、[Query] のいずれかまたはすべて) を構成します。

    • 前述した Denodo Monitor の要求ログ (使用状況統計の計算に必要) のビューが格納された Virtual DataPort サーバーへの接続の詳細を構成します。

      • Database: ビューが作成されたデータベース。このフィールドに値を指定しないと、[Connection URI] のデータベースが使用されます。

      • View Name: 使用状況統計のクエリを実行するためのビュー名。このフィールドに値を指定しないと、デフォルト値 usage_statistics_src が使用されます。

    Usage Statistics

    使用状況統計

  4. 統計を計算します。

    ここで、統計を計算して、Data Catalog の [Statistics] タブに統計が表示されるようにする必要があります。この計算の実行には以下の 2 つのオプションがあります。

    • Denodo Scheduler を使用したスケジュール実行:

      1. Denodo Virtual DataPort に、 Denodo Incremental Cache Load ストアドプロシージャを 読み込み ます。

      2. Denodo Virtual DataPort で、 INCREMENTAL_CACHE_LOAD ストアドプロシージャを 作成 します。

      3. <DENODO_HOME>/resources/data-catalog/statistics/ にある data_catalog_statistics_scheduler.zip ファイルを Scheduler に インポート します。これにより、 data_catalog_statistics という名前のプロジェクトが作成されます。このプロジェクトには以下のものが含まれています。

        • VDP データソース。手順 1 で構成した VDP サーバーとデータベースを参照するように編集します (必ず、そのサーバーとデータベースに対する十分な権限を持つユーザーで構成してください)。

        • load_cache_and_update_statistics という名前の Scheduler ジョブ。「VDP」タイプのこのジョブは、Data Catalog API 経由でビューを実行して、 usage_statistics_src ビューのキャッシュの増分読み込みを行い、使用状況統計を計算します。このジョブを定期的に実行するようにスケジュールしてください。少なくとも 1 日 1 回実行 (使用状況統計をより頻繁に更新したい場合は、より短い間隔で実行) するようにスケジュールすることをお勧めします。

    • Data Catalog からの手動実行:

      Data Catalog で [Compute usage statistics now] ボタンをクリックすることによって、使用状況統計を計算できます。このボタンで実行されるアクションにより、前回のキャッシュ更新以降に変更された新しいデータがキャッシュに読み込まれ、統計が計算されます (Denodo Scheduler では、同じ処理が即時実行ではなくスケジュール実行されます)。

注釈

統計を常に最新の状態に保つには、Denodo Scheduler を使用するオプションをお勧めします。スケジューリングのトリガーはニーズに合わせて変更できます。