パスワード変更スクリプト

スクリプト change_password_data_catalog を使用すると、 Data Catalog のローカルユーザー のパスワードを更新できます。このスクリプトは、 <DENODO_HOME>/tools/webadmintool/denodo-webadmintool-tools.zip ファイルに含まれます。


使用法

change_password_data_catalog -h <host> -p <port> -P <password> -n <new password> [-https]
change_password_data_catalog スクリプトのパラメータ

パラメータ名

説明

-h

Data Catalog のホスト名または IP アドレス

-p

Data Catalog のポート。デフォルトは 9090

-P

ローカルユーザーアカウントの現在のパスワード

-n

新しいパスワード

-https

SSL/TLS チャネルで接続するためのオプション

どちらのパスワードも、コマンド <DENODO_HOME>/bin/encrypt_password "<password>" で暗号化できます。コマンドの出力をコピーし、先頭に encrypted を付加してから、このパラメータの引数として渡してください。例: -P encrypted:xd7o6/xZuNwWvg1YGNuz9g==


例:

./change_password_data_catalog.bat -h localhost -p 9090 -P "admin" -n "encrypted:t4TUiIbaypRLAS8Fv/itZ60mrPG4lkTAOvSRtjyKSnX7MtBc2zIsKisvl/2ad672Tf/d3XP2yN/zBdbULGF/MQwz7vWQsgSrdr3GLtnLMZ/AiprdhMz/7v3RkdDpV5Ht"

このコマンドを使用すると、Data Catalog のパスワードが new_password に更新されます。この例では、新規パスワードを暗号化した状態で渡しています。