メタデータインポートスクリプト

Data Catalogのメタデータをインポートするには、 import スクリプトを使用できます。このスクリプトは <DENODO_HOME>/tools/data-catalog フォルダにあります。


使用法

import -h <host> -p <port> -l <login> [ -P <password> ] [ -s <Virtual DataPort server name> ]
       -f <input file>
       [ -override ]
       [ -https ]
       [ -mp <encryption password> ]
import スクリプトのパラメータ

パラメータ名

説明

?

ヘルプを表示します。

-h

Data Catalog のホスト名または IP アドレス

-p

Data Catalog のポート。デフォルトは 9090

-l

Data Catalog に接続するためのログイン

-P

Data Catalog に接続するためのパスワード

-s

認証に使用する Virtual DataPort サーバーの名前。Data Catalog に複数のサーバーが登録されている場合、この指定は必須です。それ以外の場合は任意です。

-f

入力ファイル

-override

これを付加すると、Data Catalog のメタデータと構成パラメータが上書きされます。

-https

SSL/TLS チャネルで接続するためのオプション

-mp、--metadata-password

機密データの暗号化に使用するカスタムパスワード

どちらのパスワードも <DENODO_HOME>/tools/data-catalog/encrypt_password スクリプトで暗号化できます。これにより、パスワードをプレーンテキストで入力することを避けられます。暗号化したパスワードを与える際は、先頭に encrypted: を付加してください。例: -P encrypted:xd7o6/xZuNwWvg1YGNuz9g==


import -h localhost -p 9090 -l jsmith -P encrypted:xxxxxxx -f data_catalog_metadata.zip -override -mp encrypted:yyyyyyy