ローカル認証

Data Catalog はパスワードで保護されたローカルユーザーアカウントを 1 つ管理します。このアカウントを使用して、次のようなサーバー設定を構成することができます。

ローカル認証は、サーバー構成を変更する必要があるが、外部サービスのダウンや、認証の構成ミスが原因で Data Catalog に接続できない場合に役立ちます。

注釈

ローカルユーザーアカウントが利用できるタスクは固定です。他のユーザーアカウントのように、ロールを使用して変更することはできません。

ローカルユーザーアカウントで Data Catalog にログインする方法は以下のとおりです。

  1. URL http://localhost:9090/denodo-data-catalog/#/web-local-login に移動すると、次のようなログインページが表示されます。

    Login page for the local authentication in the Data Catalog

    Data Catalog のローカル認証用ログインページ

  2. ローカルユーザーアカウントのパスワードを入力します。デフォルトパスワードは admin です。

ローカルユーザーアカウントの認証は外部システムに委任されず、Data Catalog がパスワードの正誤を確認します。セキュリティ上の理由から、初回アクセス後にローカルユーザーアカウントのパスワードを変更することをお勧めします。パスワードの変更手順は以下のとおりです。

  1. ローカルユーザーアカウントで Data Catalog にログインします。

  2. [管理] > [パスワードの変更] に移動すると、パスワード変更ダイアログが表示されます。

    Dialog to change the password of the local user account

    ローカルユーザーアカウントのパスワード変更ダイアログ

  3. 現在のパスワードに続いて、新しいパスワードを 2 回入力します。

または、 コマンドラインスクリプト change_password_data_catalog を使用しても構いません。

ローカルユーザーアカウントを無効にする場合は、以下の手順に従って実行してください。

  1. <DENODO_HOME>/resources/apache-tomcat/webapps/denodo-data-catalog/WEB-INF/classes/application.properties ファイルを開きます。

  2. disableLocalLogin プロパティの値を次のように変更してください。

disableLocalLogin=true