8.0GA または 8.0u20210209 からのアップグレード

Denodo Platform 8.0 の更新プログラム 8.0u20210715 では、大きく改良された新しいバージョンの Data Catalog がリリースされました。例として、新しいユーザーインターフェイス、ビューと Web サービスの推奨、ユーザー間のコラボレーションなどが挙げられます。この新しいバージョンではデータベースへの変更が必要であり、前バージョンのデータベースとは互換性がありません。

Denodo Platform 8.0GA または更新プログラム 8.0u20210209 の Data Catalog を使用していた場合、更新プログラム 8.0u20210715 (または以降のバージョン) をインストールすると、 新しいバージョンの Data Catalog がインストールされ、旧バージョンの Data Catalog は削除されます 。この新しいバージョンは組み込みの Derby データベースを使用するように構成され、初期状態は空です。

旧バージョンの Data Catalog のデータを保持する方法としては、次の 2 つの方法があります。

  1. Data Catalog のメタデータをエクスポートしてから、更新プログラムをインストールする: 旧バージョンの Data Catalog のメタデータを保存するには、 更新プログラムのインストール前に メタデータをエクスポートしてください。そして、更新プログラムをインストールしてから、新しいバージョンの Data Catalog にメタデータをインポートします。詳細な手順は後述します。

  2. Data Catalog の Denodo Platform を更新しない: Denodo の各モジュールを別々の環境にインストールしている場合 (Virtual DataPort 用に 1 つのインストール環境、Data Catalog 用に 1 つのインストール環境、など)、すべてのインストール環境に更新プログラムをインストールしても構いませんが、Data Catalog 用の環境は除きます。この場合、旧バージョンの Data Catalog の利用を継続することになります。同じリリースの中では、Virtual DataPort サーバーは他の製品との後方互換性があるため、旧バージョンの Data Catalog から更新後のバージョンの Virtual DataPort に接続することが可能です。

注釈

旧バージョンの Data Catalog のドキュメントについては、 Data Catalog Guide (up to Update 20210209) を参照してください。

更新プログラムのインストール前の準備作業

更新プログラムのインストール前に、Data Catalog の メタデータをエクスポート する必要があります。以下の手順に従って実施してください。

  1. Data Catalog に管理者ユーザーで接続します。

  2. [管理] > [インポート/エクスポート] > [エクスポート] に移動します。

  3. 保存する設定をすべて選択します。

  4. [エクスポート] ボタンをクリックします。

更新プログラムのインストール後の移行作業

更新プログラムのインストール後に、以下の作業を実施してください。

  1. Data Catalog に管理者ユーザーで接続します。

  2. 外部データベースを使用していた場合、データベースで新しいスキーマを作成し、 このスキーマを使用するように Data Catalog を構成します

    スキーマが変更されているため、旧バージョンで使用していたスキーマを再利用することはできません。

  3. 旧バージョンの Data Catalog の メタデータをインポートします

    1. [管理] > [インポート/エクスポート] > [インポート] に移動します。

    2. 旧バージョンの Data Catalog からエクスポートしたメタデータファイルをドラッグ & ドロップします。

    3. [インポート] ボタンをクリックします。

更新プログラムのインストール後に旧バージョンの Data Catalog からデータを回復する方法

旧バージョンの Data Catalog からメタデータをエクスポートせずに、更新プログラムをインストールした場合でも、データの回復が可能です。

旧バージョンの Data Catalog が、外部データベースに設定を保存する構成では なかった 場合、次の手順に従って実施してください。

  1. <DENODO_HOME>/metadata/data-catalog-database_back フォルダから、データベースのバックアップを見つけます。

  2. Denodo Platform 8.0 を別のフォルダにインストールします。必要に応じて、更新プログラム 8.0u20210209 を適用しても構いません。

  3. 新しいインストール先の <DENODO_HOME>/metadata/data-catalog-database フォルダを、上述のバックアップフォルダで置き換えます。

  4. Data Catalog を起動します。

  5. Preparation Tasks Before Installing the Update 」の手順に従って、メタデータをエクスポートします。

外部データベースを使用していた場合、次の手順に従って実施してください。

  1. Denodo Platform 8.0 を別のフォルダにインストールします。必要に応じて、更新プログラム 8.0u20210209 を適用しても構いません。

  2. Data Catalog を起動します。

  3. メタデータを保存していた 外部データベースを参照するように構成します

  4. Preparation Tasks Before Installing the Update 」の手順に従って、メタデータをエクスポートします。

旧バージョンからメタデータを回復したら、新しい Data Catalog にインポートします。手順については「 Migration Tasks After Installing the Update 」を参照してください。