Web サービスの概要

[サマリ] タブには、現在の Web サービスに関するすべての基本情報が表示されます。

The Summary tab shows the basic information about the web service

[サマリ] タブは Web サービスに関する基本情報を表示

この情報は次のもので構成されています。

  • Web サービスの タイプ (SOAP または REST)。

  • Virtual DataPort 内に Web サービスが存在する データベース

  • Web サービスの 説明 。最初は Virtual DataPort から取得されますが、適切な権限があれば説明の横に edit アイコンが表示されます。そのアイコンをクリックし、新しい説明を設定すると、Data Catalog に固有の説明になります。

    Dialog to edit the description of a web service

    Data Catalog では、プレーンテキストまたは HTML で Web サービスに独自の説明を設定可能

  • Web サービスが属する カテゴリ 。カテゴリの割り当てが許可されている場合、ツールバーに [カテゴリの追加] ボタンが表示され、それをクリックするとカテゴリを編集できます。

    Dialog to edit the categories of a web service

    カテゴリを編集するダイアログでは、現在のリストは青色で強調表示

  • Web サービスを説明する タグ 。タグの割り当てが許可されている場合、ツールバーに [タグの追加] ボタンが表示され、それをクリックするとタグを編集できます。

    Dialog to edit the tags of a web service

    タグを編集するダイアログでは、現在のリストは青色で強調表示

  • Web サービスを 承認した ユーザー。Data Catalog 8.0 以降では、ユーザーは Web サービスにコメントを書き込んで支持を示すことができます。[承認者] ラベルの横に、この Web サービスの承認数と承認者が表示されます。承認者にマウスカーソルを合わせるとコメントが表示されます。承認数をクリックすると、すべてのコメントを一度に確認できます。

    Dialog with all the endorsements of a web service

    すべての承認が表示されるこのダイアログでは、自分のコメントを編集できるほか、権限があれば他のユーザーのコメントを編集することも可能

    承認の作成が許可されている場合、ツールバーに [コラボレーション] > [承認] オプションが表示されます。それをクリックすると、コメントを書き込むことができます。なお、承認は 1 つの Web サービスに対して 1 回しか行えません。また、新規のコメントを書き込むと、以前の承認は上書きされます。

  • この Web サービスに対して 警告 を行ったユーザー。ユーザーは、Web サービスに承認を書き込んで支持を示すのと同じように、警告を書き込んで不支持を示すことができます。[警告者] ラベルの横に、この Web サービスの警告数と警告者が表示されます。警告の書き込みが許可されている場合、 [コラボレーション] > [警告] オプションが表示されます。なお、警告は 1 つの Web サービスに対して 1 つしか書き込めません。

  • 廃止 の指摘。ユーザーは、承認や警告とは別に、廃止の注記を書き込むことにより、Web サービスの内容が古くなっており、もはや使用すべきではないことを知らせることができます。Web サービスが廃止されると、ツールバーに deprecated アイコンが表示され、その Web サービスにアクセスするたびに通知が表示されるようになります。

    Notification with the deprecation messages of a web service

    通知には廃止のメッセージとともに [詳細の表示] ボタンが表示されます。それをクリックすると、すべての通知を確認でき、許可されていれば編集することもできます。

    廃止の書き込みが許可されている場合、 [コラボレーション] > [廃止] オプションが表示されます。なお、廃止は 1 つの Web サービスに対して 1 つしか書き込めません。

    注釈

    承認、警告、廃止の注記を使用するには、 セマンティクス フューチャー パック が必要です。Data Catalog の [概要] ダイアログを開くと、お持ちのサブスクリプションバンドルを確認できます。

  • Web サービスのアクセスに使用する 接続 URL 。ツールバーに [接続 URL] ボタンが表示されます。それをクリックすると、この Web サービスに接続するための URL を取得できます。Web サービスがデプロイされていない場合、ボタンは無効化されています。

    URL to connect to a web service of Virtual DataPort

    URL の横にある copy アイコンをクリックしてクリップボードにコピー

    注釈

    [接続 URL] ボタンは、Data Catalog の管理者によって無効化されていることもあります。

また、Data Catalog の管理者は、 カスタムプロパティ を Web サービスに追加して、情報を拡充することができます。カスタムプロパティを [サマリ] タブに表示するように設定されている場合、カスタムプロパティのグループごとに折りたたみ可能なセクションが表示されます。適切な権限があれば、各カスタムプロパティの横に編集するための edit アイコンが表示されます。