JDBC ログの有効化

Denodo JDBC ドライバーは、JDBC ドライバーを使用して Virtual DataPort に接続する場合の問題をトラブルシューティングするのに役立つログ記録を生成できます。

ログメッセージをファイルに保存するには、Denodo JDBC ドライバーを読み込むアプリケーションに以下のシステムプロパティを追加します。

-DDENODO_LOGGING=true -DDENODO_LOG_LEVEL=FINEST -DDENODO_LOG_FILE=C:/Denodo/denodo_jdbc_my_application.log

ログメッセージをコンソール (標準出力) にリダイレクトするには、Denodo JDBC ドライバーを読み込むアプリケーションに以下のシステムプロパティを追加します。

-DDENODO_LOGGING=true -DDENODO_LOG_LEVEL=FINEST -DDENODO_LOG_CONSOLE=true

どちらの場合も、 DENODO_LOG_LEVEL システムプロパティに指定できる値は次のとおりです。

  • SEVERE (深刻なエラーのみ記録)

  • WARNING

  • INFO

  • CONFIG

  • FINE

  • FINER

  • FINEST (すべてのイベントを記録)