DESC コマンドの出力スキーマ

JDBC クライアントからオブジェクトを記述する方法は 2 つあります。

  1. DESC VQL ステートメントを使用する。これは、エレメントを作成する VQL ステートメントを返します。次に例を示します。

-- Obtains the VQL of a view and its dependencies.
DESC VQL VIEW incident;

-- Obtains the VQL of a JDBC data source.
DESC VQL DATASOURCE JDBC ds_jdbc_phone_inc;

DESC VQL ステートメントのすべての修飾子のリストについては、『VQL ガイド』の「 カタログエレメントの記述 」を参照してください。

  1. DESC ステートメントを使用する。これは、エレメントに関する情報を構造化された方法で返します。

    次の表に、JDBC クライアントまたは ODBC クライアントから実行した場合の DESC コマンドの出力を示します。これらのコマンドを Administration Tool の「VQL シェル」から実行した場合、返される情報はデバッグ目的でのみ使用する必要があるほか、将来変更される可能性があります。

    セキュリティ目的のため、これらのコマンドの出力にパスワードは含まれません。

    注釈

    JDBC クライアントの代わりに Administration Tool の「VQL シェル」からこれらのコマンドを実行した場合、返される情報はデバッグ目的でのみ使用する必要があるほか、Denodo Platform の更新によって変更される可能性があります。

DESC コマンドの出力スキーマは、そのパラメータによって変わります。

ステートメント

結果の列

DESC DATABASE <database name>

name

description

DESC DATASOURCE CUSTOM <data source name>

name

class name

classpath

jars

DESC DATASOURCE DF <data source name>

name

begin delimiter

end delimiter

column delimiter

end of line delimiter

header pattern

tuple pattern

data route

DESC DATASOURCE ESSBASE <data source name>

name

database version

uri

user name

DESC DATASOURCE JDBC <data source name>

name

database uri

driver class name

user name

classpath

database name

database version

ping query

initial size

max active

DESC DATASOURCE JSON <data source name>

name

data route

DESC DATASOURCE LDAP <data source name>

name

uri

login

DESC DATASOURCE ODBC <data source name>

name

dsn

database uri

driver class name

user name

classpath

database name

database version

ping query

initial size

max active

DESC DATASOURCE OLAP <data source name>

name

database name

database version

xmla uri

user name

max active

initial size

DESC DATASOURCE SALESFORCE <data source name>

name

database name

base url

api version

DESC DATASOURCE SAPBWBAPI <data source name>

name

system name

host name

client id

system number

user name

read block size

DESC DATASOURCE SAPERP <data source name>

name

system name

host name

client id

system number

user name

DESC DATASOURCE WS <data source name>

name

wsdl route

authentication type:

空 = 認証なし

1 = HTTP 基本認証

2 = HTTP ダイジェスト認証

3 = NTLM 認証

10 = WSS 基本認証

11 = WSS ダイジェスト認証

authentication user

proxy host

proxy port

proxy user

DESC DATASOURCE XML <data source name>

name

data route

schema route

dtd route

DESC MAP SIMPLE <map name>

DESC MAP I18N <map name>

key

value

(マップのエントリごとに 1 つの行)

DESC PROCEDURE <procedure name>

name

type (パラメータ型)

direction = IN (入力パラメータ) または OUT (出力パラメータ)

DESC ROLE <role name>

description

roles: このロールに割り当てられているロールの名前。ロールに他の行が割り当てられている場合、このコマンドはこのロールに割り当てられているロールごとに 1 つの行を返します。

DESC SESSION

database

user

i18n

activeTransaction: このコネクションがトランザクションを開始した場合は true 、そうでない場合は false

DESC TYPE <type name>

field

type: この型が複合型の場合、その型のコンポーネントごとに 1 つの行を返します。 simple (text など) の場合、その型の名前のみを返します。

DESC USER <user name>

name

description

admin: ユーザーが管理者の場合は true 、そうでない場合は false

DESC VIEW <view name>

fieldname

fieldtype: このビューのフィールドごとに 1 つの行。

fieldTypeCode

fieldPrecision

fieldDecimals

fieldRadix

isPrimaryKey

isNotNull

isUnique

isAutoincrement

isGeneratedColumn

fieldTypeCode、fieldPrecision、fieldDecimals、および fieldRadix フィールドは、このビューのフィールドの「ソース型プロパティ」の値です。これらの値はそれぞれ、このビューを作成した CREATE TABLE/VIEW ステートメントの SOURCETYPEIDSOURCETYPESIZESOURCETYPEDECIMALS 、および SOURCETYPERADIX のプロパティに対応しています。

これらのプロパティの詳細については、管理ガイドの「 基本ビューのスキーマの表示 」と『VQL ガイド』の「 JDBC ラッパー 」を参照してください。

DESC [ SOAP | REST ] WEBSERVICE <name>

wsname

wstypes

operationtype: 1 = SELECT、 10 = INSERT、 11 = UPDATE、 12 = DELETE

operationname

fieldname

fieldtype

fielddirection: 入力または出力パラメータ

このステートメントは、この Web サービスのパラメータごとに 1 つの行を返します。

DESC WRAPPER CUSTOM <wrapper name>

name

type = custom

data source name

parameters

output schema

DESC WRAPPER DF <wrapper name>

name

type = df

data source name

output schema

DESC WRAPPER ESSBASE <wrapper name>

name

type = esbase

data source name

server name

application name

cube name

MDX sentence

output schema

DESC WRAPPER ITP <wrapper name>

name

type = itp

creation date

maintenance

old

sequence

substitutions

model content

scanners

output schema

DESC WRAPPER { JDBC | ODBC } <wrapper name>

name

type = jdbc または odbc

data source name

relation name

sql sentence

aliases

output schema

DESC WRAPPER JSON <wrapper name>

name

type = json

data source name

tuple root

output schema

DESC WRAPPER LDAP <wrapper name>

name

type = ldap

data source name

object classes

recursive search

ldap expression

output schema

DESC WRAPPER OLAP <wrapper name>

name

type = olap

data source name

catalog name

schema name

cube name

mdx sentence

output schema

DESC WRAPPER SALESFORCE <wrapper name>

name

type = salesforce

data source database

data source name

object name

soql sentence

output schema

DESC WRAPPER SAPBWBAPI <wrapper name>

name

type = sapbwbapi

schema name

cube name

mdx sentence

output schema

DESC WRAPPER SAPERP <wrapper name>

name

type = saperp

schema name

bapi name

output schema

DESC WRAPPER WS <wrapper name>

name

type = ws

data source name

service name

port name

operation name

input message

output message

output schema

DESC WRAPPER XML <wrapper name>

name

type = xml

data source name

tuple root

output schema